隠者とは、一般的には、俗世を離れ、孤独で禁欲的な生活を送り、幻視の能力や、求めに応じて知恵と助言を授ける能力を獲得した人物のことである。

キリスト教的な意味では、俗世間との交際を断って「神のみと向き合う」宗教的生活の実践者を指す。そうした修道生活としての「独居」を初めて行なったのは、初期キリスト教(コプト教)時代のエジプトの隠者たち(アントニウス)で、彼らは荒野の洞窟でそうした生活を実践した。「修道士」という語(英語:monk, ラテン語:monacus)は、「独り」の意味のギリシャ語 monos に由来する。

後の中部ヨーロッパの隠修士たちは、森の中に庵を設けるようになった。西欧の伝説や聖人伝にはしばしば、このような隠者たちが遁世と祈祷によって奇跡を起こす力を身につけたことが語られている。

世の喧騒を離れて孤独の中で瞑想し啓示を得ようとする「森の隠者」は、キリスト教圏だけではなくインドにも見られる。ガウタマ・ブッダ(釈迦)も、説法をはじめる前に、かなりの期間を遁世と孤独な苦行に費やしたという。
(ハンス・ビーダーマン著「図説・世界シンボル事典」p.46より)

隠者















図説 世界シンボル事典
ハンス ビーダーマン
八坂書房
2000-11