Marseille Tarot School Official Blog

マルセイユタロットスクールの公式ブログです。

2015年04月

玉のエース




玉のエース


玉のエースは、元来、神への捧げ物を意味していました。

同じ中心の上に、濃い黄色に囲まれた4重構造が示されています。いちばん外側は円ですが、その内側は赤と竹色に挟まれたギザギザです。さらにその内側は4つの空色の花弁と赤いガクをもつ花であり、さらにその中核に12の黒点をもつ赤い芯があります。この4重構造は兇ら召泙任龍婿イ砲眛Ы韻気譴討い泙后したがって、玉は4つの組札のうち、もっとも具体化、現実化、地上化を意味する4つの本質を体現しています。

【玉の象徴】
玉は金貨を意味します。金貨は大地から算出されるもっとも貴重な金属であり、もっとも重く、もっとも腐食に強いため、玉は「地」を象徴するシンボルです。

【玉の原義】
杖は、内なるエネルギーを外に向かって発散させることを原義としています。

【玉の元型的な意味】
現実、堅固、実質、凝縮、確実、慣性

【玉の心情的な意味】
堅実、確信、信用、固執、富、繁栄、成熟

【玉の事象】
金銭、金融、保険、流通、商業、健康


参考文献:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

杖1


杖のエース


杖のエースは、緑の棍棒(こんぼう)です。杖のエースは、剣のエースと同じように、虚空から出現していますが、方向は右から左と逆になっており、同じ右手でも手のひらを見せています。ギザギザに覆われた青い雲から現われていることは剣と変わりありません。

剣と杖は、どちらも天上世界からくることを示しています。まだ出現したばかりで、神のエネルギーを表す炎が残っていますが、杖は剣のように5色ではなく、赤、レモン色、水色の3色になっています。棍棒の先端は勾玉の形をしていて、その凹みは女性器を思わせます。そのすぐ下にレモン色の閃光が内から外へとほとばしっています。これにもギザギザがついていて、内的な神性が外に流出していることを示しています。

【杖の象徴】
木製であり、燃やせば炎と煙が出ることから、杖は「火」を象徴するシンボルです。

【杖の原義】
杖は、内なるエネルギーを外に向かって発散させることを原義としています。

【杖の元型的な意味】
実行、計画、発展、創造、エネルギー、パワー、気概

【杖の心情的な意味】
熱意、情熱、忠誠、友情、闘志

【杖の事象】
ビジネス、(特に)農業、漁業、工業、建設、運輸、肉体労働


参考文献:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

杯エース

















杯のエース


杯のエースは、聖杯の形をしています。これは、城壁に囲まれた要塞であり、都市でもあります。

この杯の城は、土台から下は水没しており、また、城壁の下部からも水が溢れています。このため、当然のことながら、杯は水を象徴します。

杯のエースには、6基の塔があり、それぞれが杖を表しています。その先端には尖った剣が見えます。そして、中央の建物の上部に2つ、台の上部に3つの玉が見えます。また、建物の破風のところには杯が取り付けられています。つまり、このエースの中には、剣、杯、杖、玉が4つとも表現されているのです。

【杯の象徴】
杯は、「水」を象徴するシンボルです。

【杯の原義】
杯は、あふれる心情を原義としています。

【杯の元型的な意味】
あふれても尽きることのない流出
すべてを包み込む愛

【杯の心情的な意味】
愛情、情念、豊饒、歓喜、満足、快楽、平安、無意識、霊能

【杯の事象】
宗教、芸術、医療、福祉、観光、サービス業
心に安らぎと満足を与える仕事


参考文献:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

剣1


















剣のエース


剣のエースには、虚空から出現する真っ赤な両刃(りょうば)の剣が描かれています。剣は天に向かって垂直に立っており、その先端には王冠がかぶさっています。このことから、4つの組のうち、剣が最高位にあることがわかります。

この王冠は、右側に椰子の枝、左側にオリーブの枝が差し込まれています。両方とも地中海沿岸で聖木として崇拝されている木です。その枝の切り口はともに勾玉のような形になっていて、左は女性、右は男性を彷彿させます。

左から右の方向に、神の出現を表すギザギザに覆われた青い雲の中から神の右手が現れ、手の甲を見せています。このことからも、右から左方向に出現し、手のひらを見せている「杖」と比べて、剣の上位、優位、陽性、男性性は確実なものです。

この剣は、出現したばかりで、あたりにはまだ神のエネルギーが瀰漫(びまん)しています。赤、濃い黄色、レモン色、緑、空色の5色の炎がそのことを示しています。

【剣の象徴】
剣を空中で振るうとき、当然、風を切ることから、剣は「風」を象徴するシンボルです。

【剣の原義】
剣は、事物を叡智によって把握し、自他に示す峻厳な決断力によってあらゆる困難を乗り越えていこうとする意志を表しています。

【剣の元型的な意味】
意志、知性、思考、論理、決断、公正、統治、支配、困難

【剣の心情的な意味】
冷厳、冷酷、対立、係争、努力、敵意

【剣の事象】
学問、研究、著作、政治、軍事、行政、法曹、警察
一般に制服を着る職業


参考文献:

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ