Marseille Tarot School Official Blog

マルセイユタロットスクールの公式ブログです。

2016年08月

【今日のニュース】
ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ SMAP が、8月14日に解散の発表をすることがわかった。当初より今月中に活動休止を発表する予定だったというが、直前になってグループの解散を選択したという。14日は全メディアがこぞって情報合戦を繰り広げる、歴史的な1日となりそうだ。かねてより SMAP は、グループの分裂による騒動で、存続危機が危ぶまれていた。SMAPの育ての親でもありグループの屋台骨を支えてきたチーフマネージャーとジャニーズ事務所の副社長との確執によって、メンバー同士の意志がバラバラの状態に陥ったといわれていた。(サイゾーウーマン2016年8月13日の記事より)

【リーディング】
この「SMAP、解散発表!歴史に幕を下ろす」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの逆位置が出ました。

悪魔R
















「SMAP、明日『解散』発表!歴史に幕を下ろす」という記事について、「悪魔」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●ジャニーズ事務所側の独裁的な経営体制に問題がある
●ジャニーズ事務所側とタレントたちとの金銭的または心理的な隷属状態
●欺瞞に満ちた人間関係
●不健全なつながり


このような見立てです。

「悪魔」のカードは、「チームワーク」や「金銭的な関係」などをあらわしますので、記事の内容に即したカードが出たと思います。

「悪魔」のカードの絵柄を見ると、中央に1人の悪魔、その両脇に緩やかなロープでつながれた2人の小悪魔が描かれています。このロープは、小悪魔たちの行動範囲を制限するものであると同時に、コンフォートゾーン(快適なゾーン)をあらわしています。なぜなら、小悪魔たちは、ロープでつながれているあいだは、中央の悪魔から、金銭的な利益を受けたり、心理的に満足したりして、自分の欲望が満たされるからです。

ここで、中央の悪魔を雇い主であるジャニーズ事務所の社長、小悪魔たちをSMAPのメンバーと見立てると、SMAPのメンバーたちは、これまで何度も契約を終わらせるタイミングがあったにもかかわらず、SMAPという「グループ」で活動するメリットを優先させて、なかなか解散することができなかったと推測されます。また、小悪魔たちは、両手をうしろに隠していますので、内部にあるさまざまな問題を隠してきたのだと思います。

今回のリーディングでは、「悪魔」のカードが逆位置で出ましたので、SMAPのメンバーひとりひとりの、グループ内における欺瞞に満ちた人間関係と、事務所に隷属している状態に課題があったことをタロットは示唆しています。この不健全な関係性を断ち切るという行動自体は、メンバーひとりひとりによって、よい良い芸能生活へと展開していくでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
東京都知事選が8月31日、投開票され、政党の支援を受けない新人で無所属の小池百合子・元防衛相(64歳)が、自民、公明、こころの3党の推薦を受けた増田寛也・元総務相(64歳)、民進、共産、社民、生活の野党4党の推薦を受けたジャーナリストの鳥越俊太郎(76歳)らを大差で退け、当選を決めた。女性の都知事は初で、女性の知事は全国で7人目。小池氏は、2020年東京五輪・パラリンピックの準備などを急ぐ。(読売新聞2016年08月1日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「都知事に小池百合子氏」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「戦車」のカードの逆位置が出ました。

戦車R
















「都知事に小池氏」について、「戦車」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●勝利をしたあとに足を引っぱられる
●積極的な手腕が裏目に出る
●政治が理想通りに進まない
●男性議員の嫉妬や反感を買う


このような見立てです。

「戦車」のカードは、「勝利」や「成功」をあらわしますので、記事の内容に即したカードが出たように思います。

今回の都知事選で、小池百合子氏は、自民党という巨大組織に1人で立ち向かう姿をアピールし、大差で勝利をおさめました。このような小池氏の戦い方について、読売新聞では「劇場型」と表現しています。結果的に、都連丸抱えの選挙を行った増田氏だけではなく、野党統一候補を全面に押し出したジャーナリストの鳥越俊太郎氏も、「小池劇場」の脇役の追いやられた形になりました。

しかし、こうした小池氏の「劇場型」の手法には、都庁内からも早くも懸念の声が出ているようです。今後、五輪対応や予算編成が待ち構え、都議会との協調は不可欠です。知事と都議会与党が感情的に対立すれば、物事は進みません。五輪の準備は待ったなしなのに、混乱が広がる可能性もあります。

都政がスムーズに進むために、小池氏のさらなる手腕が問われるところです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ