杯エース

















杯のエース


杯のエースは、聖杯の形をしています。これは、城壁に囲まれた要塞であり、都市でもあります。

この杯の城は、土台から下は水没しており、また、城壁の下部からも水が溢れています。このため、当然のことながら、杯は水を象徴します。

杯のエースには、6基の塔があり、それぞれが杖を表しています。その先端には尖った剣が見えます。そして、中央の建物の上部に2つ、台の上部に3つの玉が見えます。また、建物の破風のところには杯が取り付けられています。つまり、このエースの中には、剣、杯、杖、玉が4つとも表現されているのです。

【杯の象徴】
杯は、「水」を象徴するシンボルです。

【杯の原義】
杯は、あふれる心情を原義としています。

【杯の元型的な意味】
あふれても尽きることのない流出
すべてを包み込む愛

【杯の心情的な意味】
愛情、情念、豊饒、歓喜、満足、快楽、平安、無意識、霊能

【杯の事象】
宗教、芸術、医療、福祉、観光、サービス業
心に安らぎと満足を与える仕事


参考文献: