Marseille Tarot School Official Blog

マルセイユタロットスクールの公式ブログです。

カテゴリ:ニュースを読む! > ▼女教皇

【今日のニュース】
九州新幹線鹿児島ルート(博多−鹿児島中央、約256キロ)は3月12日、全線開業から5年を迎えた。2004年の部分開業から今年1月までの累計輸送人員は8957万人。博多−鹿児島中央間を最速1時間17分で駆け抜ける高速鉄道は、九州の大動脈として定着した。九州運輸局によると、今年度の輸送人員はこれまで最高だった2014年度の1310万人を上回る見通しだ。(読売新聞西部本社版夕刊1面・2016年03月12日付より)

【リーディング】
この「九州新幹線、全線開業5年」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「女教皇」のカードの正位置が出ました。

女教皇
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、4名の方からご意見をいただきました。

S.Nさま
正位置で出ていますので、九州新幹線が全線開通したメリットというものをリーディングしてみました。まず、女教皇が手に持っているものが「帳簿」に見えます。JR九州はこの5年間、数字を上げていくこと(利益を上げていくこと)を考えていったのではないかと思います。そして、女教皇のカードに対応する数秘は「2」です。「2」は「1」と「1」を足したものであり、カバラー数秘では最初の「蓄積」の原理を意味します。九州新幹線は、人の輸送という目的だけではなく、福岡、熊本、鹿児島などの沿線でどのような経済の相乗効果をもたらすことができるかといった九州の発展にも貢献しようとしているように思います。

S.Tさま
新幹線の車内に座り、読書をしながら車窓を眺めている女性に見えます。いまは移動中で、目的地はまだ先にあります。兇箸い数字は、まだ若い未熟な印象を与えます。発展途上、ということでしょうか。

M.Iさま
私は、事業計画書を、大雑把なものから少しずつ詳細にしていくお仕事をしている人がいるように見えました。ひとりで、冷静に客観的に、、どこにどんなニーズがあるか、それにどのように応えられるのかのデータをとり、集積しているようです。ただし、行動する人は別にいる、みたいな。

A.Sさま
人との交流がようやく本格的になって、これからますます発展していく役割を担っていると思います。助走の五年間だったと感じます。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、安倍首相は21日、衆院解散に踏み切るということです。政府は解散後に臨時閣議を開き、「12月2日公示・14日投開票」の衆院選日程を決定します。2012年12月以来、2年ぶりの衆院選に向け、各党ともあわただしく政権公約(マニフェスト)」作りに取り組んでいるということですが、突然の解散に準備不足は否めないのではないかと想像しています。

【リーディング】
この「衆議院きょう解散」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「女教皇」のカードの逆位置が出ました。

d7a8e95f9eca22ca57bd21010cea36e3
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、5名の方からコメントをいただきました。みなさまのリーディングを下記にご紹介します。

K.Hさま:
教科書に見えます。そして、外を見ていない。教科書通りのマニフェスト作りをしようとして、国民の声、現状を見ていない。

H.Sさま:
政界ばかり直視して、外の世界(国民や世界情勢)を全くみていないし、見ようともしていない。マニフェストは作るけど、それに目を通して実行する気配もないようです。総選挙か終わり、どんな政権運営をするのか全く見えない感じがします。

M.Iさま:
私もリーディングさせていただきます。適切なな情報を取っていない。要は身勝手な案になりがち。孤立が強化されて、益々政界にまとまりがなくなっていく状況になりそうでうす。

A.Nさま:
私は軽率とみました。思慮が欲しいですね。シナリオに問題ありかな?と感じました。

S.Tさま:
天皇の解散詔書を読み上げる衆院議長に見えました。逆向きなので、天皇も議長も、周りの議員らも戸惑っているようです。新年に備える年末に、上を下への大騒ぎ。何かを浄化するための行為なのかもしれません。過去の解散映像を YouTube で見ていたら、議長が「解散する」と言った後で万歳しているものも結構ありました。本来、詔書はその後も続くのですが、議長は省略して読まずに退席してますし…。いずれにしても、なんらかの行き違いがあり、息があっていなかったのは確かなようです。伊吹衆院議長が解散詔書を読み上げる様子をテレビ中継を見ていたら、万歳のタイミングをフライングする議員がいてびっくり。その後、議長が苦言を呈していました。まさに、逆位置を象徴する珍事でした。天皇の国事行為なので万歳するようですが、なんか腑抜けな終わりかたでしたね。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ