ヨハネの黙示録にも、神の玉座をとりまく「4つの生き物」が登場します。

-----------------------------------------
新約聖書『ヨハネの黙示録』第4章(第1節〜11節)

天上の礼拝

その後、わたしが見ていると、見よ、開かれた門が天にあった。そして、ラッパが響くようにわたしに語りかけるのが聞こえた。あの最初の声が言った。「ここへ上って来い。この後、必ず起こることをあなたに示そう。」わたしは、たちまち、猯遶瓩頬たされた。すると、見よ、天に玉座が設けられていて、その玉座の上に座っている方がおられた。その方は、碧玉(へきぎょく)や赤瑪瑙(あかめのう)のようであり、玉座の周りにはエメラルドのような虹が輝いていた。また、玉座の周りに二十四の座があって、それらの座の上には、白い衣を着て、頭に金の冠をかぶった二十四人の長老が座っていた。玉座からは、稲妻、さまざまな音、雷が起こった。また、玉座の前には、七つのともし火が燃えていた。これは神の7つの霊である。また、玉座の前は、水晶に似たガラスの海のようであった。

この玉座の中央とその周りに『四つの生き物』がいたが、前にも後ろにも一面に目があった。第一の生き物は獅子のようであり、第ニの生き物は若い牡牛のようで、第三の生き物は人間のような顔を持ち、第四の生き物は空を飛ぶ鷲のようであった。この四つの生き物には、それぞれ六つの翼があり、その周りにも、内側にも、一面に目があった。

世界
















彼らは、昼も夜も絶え間なく言い続けた。

「聖なるかな、聖なるかな、聖なるかな、
「全能者である神、主、
「かつておられ、今おられ、やがて来られる方。」

玉座に座っておられ、世々限りなく生きておられる方に、これらの生き物が、栄光と誉れ(ほまれ)をたたえて感謝をささげると、二十四人の長老は、玉座についておられる方の前にひれ伏して、世々限りなく生きておられる方を礼拝し、自分たちの冠を玉座の前に投げ出して言った。

「主よ、わたしたちの神よ、
「あなたこそ、栄光と誉れ(ほまれ)と力とを受けるにふさわしい方。
「あなたは万物を造られ、
「御心によって万物は存在し、
「また創造されるからです。」

(「日本聖書協会発行・新共同訳聖書・旧約続編つき」より)