Marseille Tarot School Official Blog

マルセイユタロットスクールの公式ブログです。

カテゴリ:ニュースを読む! > ▼政治

【今日のニュース】
日本、インド両政府は、日本からインドへの原子力発電所関連の資機材や技術の輸出を可能とする原子力協定に著名する方針を固めた。11月11日に東京で開催する安倍首相とモディ首相による首脳会談に合わせて協定の署名式を行う。日本が核拡散防止条約未加盟国と同協定を結ぶのは初めて。インドが核実験を実施した際に協力を停止するとの趣旨の文言を、協定とは別の文書に盛り込む方向で最終調整している。複数の日本政府関係者が明らかにした。(読売新聞2016年11月06日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「日本、インド、原子力協定署名へ」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「隠者」のカードの逆位置が出ました。

隠者R
















「日本、インド、原子力協定署名へ」という記事について、「隠者」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●思慮深くない判断
●人類の叡智に根ざしていない

このような見立てです。

「隠者」のカードには、ゆったりとした外套に身を包んだ老人が、右手にランタンを掲げて立っているようすが描かれています。この老人は、人里離れた森の中にいる隠者です。

日本には、現在、3社の原発メーカーと500社の部品メーカーがありますが、2011年に起きた福島第1原発事故のあと、国内での需要が見込めなくなり、海外への輸出に活路を見いだしていると言われています。日本とインドが原子力協定を結ぶとなると、日本の原発産業にとっては大きなビジネスチャンスになるでしょう。

今回のリーディングでは、カードが逆位置で出ましたので、この協定には「課題あり」としています。

インドは、核拡散防止条約に加盟していない核保有国です。1974年には再処理で抽出したプルトニウムを使用して、初の核実験を行っています。今回の日本製原発で生み出されるプルトニウムが核兵器に転用される恐れは十分にあります。

日本は、唯一の被爆国として、核兵器の恐ろしさを世界に伝えていく立場であり、今回のインドとの協定は、人類の叡智に根ざしたものではないとタロットは示唆しているように思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
安倍首相は11月2日、ミャンマーの事実上の最高指導者、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。首相は、今年3月に発足した国民民主連盟(NLD)政権を支援する方針を伝え、5年間で官民合わせて8000億円規模の支援を発表した。(読売新聞2016年11月03日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「ミャンマー支援8000億円」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの正位置が出ました。

悪魔
















「ミャンマー支援8000億円」という記事について、「悪魔」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●日本とミャンマーの切っても切り離せない関係
●お互いに満足を与え合う関係
●大きなお金を生み出す関係

このような見立てです。

「悪魔」のカードには、中央にコウモリの羽をもった大きな悪魔、そして両脇には、大きな悪魔を見上げている2人の小悪魔が描かれています。この小悪魔たちの首には、綱がゆるくかけられていて、その表情を見ると、大きな悪魔につながれていることに喜びを感じているようです。

今回のリーディングでは、カードが正位置で出ましたので、日本がミャンマーに8000億円を支援するということについて、さまざまなことがポジティブに展開することを示唆しています。

ミャンマー政府は、2014年10月、「営業許可を与える外国銀行の選考結果」を発表し、営業許可を申請した12ヶ国25銀行のうち、6ヶ国9銀行に交付を決めました。日本勢は、免許を申請した三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のすべてがそろって認可を取得し、この2年間のあいだに、ミャンマーには、華々しいほど日本企業の進出が行なわれています。こういったことからも、日本とミャンマーは、すでに、経済的に「切っても切り離せない関係」になっています。

「悪魔」のカードは、ビジネスをテーマにしてリーデイングする場合、「チームワーク」を意味します。日本とミャンマーが「自由」「民主主義」「基本的人権」という普遍的価値を共有する最適なパートナーとして、今後、チームワークを組んでお互いに経済発展をしてくことが予想されます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
東京都の小池百合子知事は10月30日、都内で自らが塾長を務める政治塾「希望の塾」の開校式を開いた。全国から約4800人の応募があり、選考を経て約2900人が入塾した。小池氏は「すばらしい日本の政治をつくるため、一人ひとりが批評家ではなく、実際にプレーヤーとなって参加するような方向を目指したい」と強調した。与野党には、小池氏の政治塾が来夏の都議選をにらんだ新党結成の布石になるとの観測が広がっている。(日本経済新聞2016年10月31日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「小池百合子氏の政治塾に2900人」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「神の家」のカードの正位置が出ました。

神の家
















「小池百合子氏の政治塾に2900人」という記事について、「神の家」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●新党結成に向けて、大きな組織を作ろうとしている
●新党結成のために、揺るぎない組織を作ろうとしている
●ひとつひとつ積み重ねていく着実な政治手法
●男性的な政治手腕

このような見立てです。

「神の家」のカードには、天上から神の光が降りてきてそれが大きな建物に注ぎ込まれるようすが描かれています。斜めになった王冠はこの建物が神の家として戴冠しているところを表しています。この「神の光」と「王冠」という2つのシンボルは、小池百合子氏の政治塾が、たくさんの人の支援によって華々しくスタートしたことを表しています。

小池百合子氏が、政治家として、いま東京に必要なこと、そして、これから日本にとって大事だと思われることを客観的かつ論理的に見据えて、ひとつひとつ着実に取り組んでいこうとする姿は、男性的な政治手腕のようです。マルセイユタロットは、この政治塾がやがて1つの政党として大成することを示唆しているように思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
政府・与党は、海外資産への相続課税を抜本的に見直す方針だ。相続人と被相続人が海外に5年超居住している場合、海外資産には相続税がかからないが、課税できるようにする。税逃れに歯止めをかける狙いだ。日本で一時的に働く外国人が死亡した場合、海外資産にも日本の相続税をかける現状も変える。自民税調は、2017年度税制改正大綱に盛り込む方向で議論を始める。富裕層の中にはシンガポールなどに資産を移し、5年を超えるように海外に住む人がいるという。財務省は日本国籍を保有する人や10年以上海外に居住していない人には海外資産にも相続税をかける案などを検討する。(日本経済新聞2016年10月21日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「相続税、海外移住5年超す居住にも」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの逆位置が出ました。

悪魔R
















「相続税、海外移住5年超す居住にも」という記事について、「悪魔」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●日本の納税を逃れるため、海外に財産を持ち出す人が増えている
●現在の日本の税制に課題あり
●今回の税制改正に課題あり
●国家権力で国と住民とのお金の隷属関係を強める

このような見立てです。

「悪魔」のカードを見ると、カードの中央に描かれている存在は「税金を徴収する人」、その両脇に描かれている2人の存在は「海外に移住して納税を逃れている人」を表わしているように見えます。両脇の2人の存在は、両手をうしろに隠し、足元には水のようなものが描かれていますので、自分の財産を隠すために海外に持ち出した人のようです。また、2人とも首に縄がかけられていますので、税金を徴収する人につかまっているようにも見えます。

今回の税制改正の動きは、日本国内で納税する人の公平性を考えた場合、必要なことかも知れません。しかし、カードが逆位置で出ましたので、タロットはこの税制改正について「課題あり」としています。

日本の法人税が高いために、シンガポールや香港など、法人税が安い国に会社を設立する経営者が増えている昨今、今回の相続税の改正を理由に、海外の高度人材が日本で働くことを敬遠するという動きに拍車がかかるといった懸念があるようです。日本で働くメリットがなくなればなくなるほど、有力な企業が海外に出てしまったり、日本における海外人材の登用が困難になったりするのであれば、結果として、日本経済に大きなダメージを与えると思います。

ですから、日本の税制については、政府が、「税金を徴収する」という視点だけに重点を置くのではなく、国民がより豊かに暮らせるようになるための「経済発展」や「生活向上」といった、より高い視点で制定していただきたいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
東京都知事選が8月31日、投開票され、政党の支援を受けない新人で無所属の小池百合子・元防衛相(64歳)が、自民、公明、こころの3党の推薦を受けた増田寛也・元総務相(64歳)、民進、共産、社民、生活の野党4党の推薦を受けたジャーナリストの鳥越俊太郎(76歳)らを大差で退け、当選を決めた。女性の都知事は初で、女性の知事は全国で7人目。小池氏は、2020年東京五輪・パラリンピックの準備などを急ぐ。(読売新聞2016年08月1日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「都知事に小池百合子氏」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「戦車」のカードの逆位置が出ました。

戦車R
















「都知事に小池氏」について、「戦車」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●勝利をしたあとに足を引っぱられる
●積極的な手腕が裏目に出る
●政治が理想通りに進まない
●男性議員の嫉妬や反感を買う


このような見立てです。

「戦車」のカードは、「勝利」や「成功」をあらわしますので、記事の内容に即したカードが出たように思います。

今回の都知事選で、小池百合子氏は、自民党という巨大組織に1人で立ち向かう姿をアピールし、大差で勝利をおさめました。このような小池氏の戦い方について、読売新聞では「劇場型」と表現しています。結果的に、都連丸抱えの選挙を行った増田氏だけではなく、野党統一候補を全面に押し出したジャーナリストの鳥越俊太郎氏も、「小池劇場」の脇役の追いやられた形になりました。

しかし、こうした小池氏の「劇場型」の手法には、都庁内からも早くも懸念の声が出ているようです。今後、五輪対応や予算編成が待ち構え、都議会との協調は不可欠です。知事と都議会与党が感情的に対立すれば、物事は進みません。五輪の準備は待ったなしなのに、混乱が広がる可能性もあります。

都政がスムーズに進むために、小池氏のさらなる手腕が問われるところです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
民主、維新両党は3月14日、新たな党名を「民進党」とすることを決めた。両党が実施した世論調査で、維新の党が提案する「民進党」が、民主党の推す「立憲民主党」を上回ったためだ。両党は近く党内手続きを始め、27日の結党大会で党名を正式決定する。(読売新聞・社会面・2016年03月15日より)

【リーディング】
この「新たな党名『民主党』」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「手品師」のカードの正位置が出ました。

仕事師
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、3名の方からコメントをいただきました。

S.Nさま:
「民進党」という新たな党名がついたという記事について、「手品師」のカードの「正位置」が出たというのは、「日本の政治に新しいものが1つ始動した」という印象を受けます。カードの「1」という数秘は、二元論における「男性原理」をあらわし、活動の性質においては始動性、積極性、能動性、行動力といったものをあらわします。そして、カードに描かれている若い男性のイメージにより、未熟さという側面も見られます。ひとつの新しいものが始動し、これから何かを行おうとしているということで、 私たちは、そういった動きをただ傍観するだけではなく、誰もが住みやすい国になるように、国民ひとりひとりが、政治に関心を向けるということで、また違った展望が開けていくように思います。

S.Tさま
机の上に並んでいるのは、両党に所属する人たちに見えます。若い男性が束ねようとしていますが、まだ思案中のようです。手に持ったバトンの両端がそれぞれの党をあらわしていて、これを巧みに使って束ねると思われます。いずれにしても、見え隠れするのは仕事の段取りばかり。何を作るのか、本人もわかっていないのです。

M.Iさま
正位置ですから、希望と情熱をもってよい出発をしたのだと解釈します。まだまだ不安定さはあるでしょうけれど、しばらくはテーブルに広げられた手持ちのコマを使いながらうまく運営していくことになるのかなと。ただ・・・理由はわからないのですが、なんとなく、女性関係の問題に注意が必要なのかもと感じました。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
政府・与党は24日、消費税率を低く抑える軽減税率について、2017年4月の税率10パーセントへの引き上げ時点から、4000億円を上回る財源を確保する方向で調整に入った。自民党は当初、生鮮食品(軽減額3400億円)を基本に4000億円を上限とする方針だったが、加工食品を対象に加えるよう求める公明党の強い反発を踏まえ、早期妥結のためにはやむを得ないと判断した。対象品目について、野菜や精肉、精米などの生鮮食品だけでなく、豆腐やハムといった加工食品を加えた場合、財源は4000億円では足りなくなる。公明党が主張する「酒類を除く飲食料品(外食含む)」ならば1兆3000億円が必要で、ここから外食を除くと1兆円、さらに菓子類や飲料を除いても8200億円が必要だ。対象品目の範囲や財源の上積み分をどう確保するのかといった詳細な制度設計は、引き続き自民、公明両党の幹事長らによる協議に委ねられる。自公両党は早ければ月内の大筋合意を目指している。(読売新聞・社会面・2015年11月25日より)

【リーディング】
この軽減税率に関する記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「愚者」のカードの正位置が出ました。

愚者
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、3名の方からご意見をいただきました。

S.Tさま:
新しい金のありかを求めて動いている政府・自民党そのもののようなカードですね。肩にかけているのは財源でしょう。犬は公明党のように見えます。あれこれ要求していて、行き先に注文をつけています。

S.Nさま
愚者は、政治に関心がなく、自分のやりたことだけをやって生きている人のように見えます。肩にかけている棒の先には革袋がぶらさがっていて、この中には日々の生活を送るためのお金が入っているようです。そして、この革袋の中のお金について、『いつか底を尽いてしまう…』といった不安や心配は、愚者の表情からはうかがえません。愚者は、『なんとかなるさ!』といったような、楽観的な気持ちで生きているようです。いまの日本国民も、政府が決めることについて、あまり深く考えず、『なんとかなる』といった考えを持っている人が多いのかも知れません。そのように読んでみました。

M.Iさま
政府与党がどのように調整しているのかほとんど関心を示さず(心配していない)、己の道を行こうとしている日本人の集合意識(愚者)と、引きとめにかかっている政治家たち(犬)というイメージが浮かびました。一見、大きなものに飲み込まれて消滅したようでも、実は、飲み込んだモノの中でどんどん大きくなっていつの間にか主役交代、というしたたかな日本人像も浮かびます。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、自民、公明両党の連立による第3次安倍内閣が12月24日の夜、発足しました。安倍首相(自民党総裁)は、同日召集された特別国会の衆参両院本会議で第97代の首相に選出されたあと、組閣を行い、防衛相に中谷元・元防衛長官を起用し、他の閣僚17人を再任しました。安倍首相は、与党の衆院選圧勝を踏まえて、経済政策「アベノミクス」の推進を最優先に掲げるとともに、集団的自衛権の行使を限定容認する新たな安全保障法制の整備にも全力を挙げる方針だとういことです。

【リーディング】
この「第3次安倍内閣発足」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「戦車」のカードの逆位置が出ました。

5f2886946ff928ebe0a9258936ba5c21
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、4名の方からコメントをいただきました。みなさまのリーディングを下記にご紹介します。

S.Nさま:
選挙で圧勝したことで、「何でもできる」という幻想が生まれ、アベノミクスや安全保障法制の整備などのさまざまな積極策が裏目にでる危険性を感じます。

S.Tさま:
安倍政権の失速と経済、安全保障政策の停滞が同時進行しそうです。馬の尻をたたいてもなかなか前に進まないでしょう。力任せではない解決策が必要です。

K.Hさま:
自民、公明の2頭の馬に乗った安倍首相。馬は片方がウインクしても片方は知らぬふりをする。結束のないまま走る状態。政治家同士も、国同士も、「戦い」ばかりで、誰もどこにも勝者はいないようです。

H.Sさま:
このカードから、「ひっくりかえって空回り」と「勝者ではない」という言葉が浮かんできました。これから打ち出すであろう政策のビジョン(馬と男性の視線)と実態(馬の脚の向き)がバラバラになって、政権と政治、そして経済が「ひっくりかえる」感じです。安倍首相がやりたい「憲法改正」も、絶対的安定議席を自民が取れていないため、国会での部分改正から「国民投票」を行うとトーンダウンしていたので、国民の信任を得た「勝者の安倍政権」ではないのかなと思います。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、安倍首相は21日、衆院解散に踏み切るということです。政府は解散後に臨時閣議を開き、「12月2日公示・14日投開票」の衆院選日程を決定します。2012年12月以来、2年ぶりの衆院選に向け、各党ともあわただしく政権公約(マニフェスト)」作りに取り組んでいるということですが、突然の解散に準備不足は否めないのではないかと想像しています。

【リーディング】
この「衆議院きょう解散」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「女教皇」のカードの逆位置が出ました。

d7a8e95f9eca22ca57bd21010cea36e3
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、5名の方からコメントをいただきました。みなさまのリーディングを下記にご紹介します。

K.Hさま:
教科書に見えます。そして、外を見ていない。教科書通りのマニフェスト作りをしようとして、国民の声、現状を見ていない。

H.Sさま:
政界ばかり直視して、外の世界(国民や世界情勢)を全くみていないし、見ようともしていない。マニフェストは作るけど、それに目を通して実行する気配もないようです。総選挙か終わり、どんな政権運営をするのか全く見えない感じがします。

M.Iさま:
私もリーディングさせていただきます。適切なな情報を取っていない。要は身勝手な案になりがち。孤立が強化されて、益々政界にまとまりがなくなっていく状況になりそうでうす。

A.Nさま:
私は軽率とみました。思慮が欲しいですね。シナリオに問題ありかな?と感じました。

S.Tさま:
天皇の解散詔書を読み上げる衆院議長に見えました。逆向きなので、天皇も議長も、周りの議員らも戸惑っているようです。新年に備える年末に、上を下への大騒ぎ。何かを浄化するための行為なのかもしれません。過去の解散映像を YouTube で見ていたら、議長が「解散する」と言った後で万歳しているものも結構ありました。本来、詔書はその後も続くのですが、議長は省略して読まずに退席してますし…。いずれにしても、なんらかの行き違いがあり、息があっていなかったのは確かなようです。伊吹衆院議長が解散詔書を読み上げる様子をテレビ中継を見ていたら、万歳のタイミングをフライングする議員がいてびっくり。その後、議長が苦言を呈していました。まさに、逆位置を象徴する珍事でした。天皇の国事行為なので万歳するようですが、なんか腑抜けな終わりかたでしたね。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、日本政府は、10月1日の閣議で、消費税率を、2014年4月に、現行の5パーセントから8パーセントに予定通り引き上げる方針を決定したということです。

【リーディング】
この「消費税8パーセントに引き上げ」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「宙吊り」のカードの正位置が出ました。

宙吊りR
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、4名の方からコメントをいただきました。みなさまのリーディングを下記にご紹介します。

Y.Oさま:
カードではないですが、毎年一般会計40兆、特別会計170兆(!)計上されてます。特別会計を見直せば全ての問題は解決されるはず。特別会計の額も民主党時代にようやく公開されたものの、結局うやむや。ODAとか独立法人とか表向きいわれてますが、自民党時代から殆ど某国に流れる仕組みとか。

宙吊りは自由を奪われた様、逆さにして身ぐるみ剥がされる様にも感じました(@_@)

M.Nさま:
引き上げるでしょう。両サイドの木の枝にヤコブの梯子が掛かっていますから、8%〜10%へと引き上げるきっかけとなり一時的に多くの家庭や企業は非常に苦しくなりますが、木星記号が示すように未来の発展、向上、幸運、成功への階段なので寛容な心を持ち不動の心と知恵でことが大事です。また、この消費税増税に伴って悪徳?官僚議員を払うための何が衝撃なことが起こるでしょう。という感じでしょうか?

E.Aさま:
消費税8%になると家計にこれだけの打撃!とか、国民にこれだけの負担!とかネガティブなこと言われてると思うのですが、ポジティブな側面も出てくるよと示唆してるように感じました。逆さまの男性の表情から、消費税8%がすんなり受け入れられるのでは、とも読みました。

F.Aさま:
数字から8→10%に引き上げられるのも暗示してるように思えます。ボタンの数も10ですね。あと上の吊ってる棒みたいなものの色は人間の肌の色なので、腕と仮定すれば現総裁は辛うじて腕に支えられ、足と仮定すれば足を引っ張る形。髪の先が見えてない事からも現与党の先行きは不透明で消費税増税がかなり大きな鍵と言えるでしょう。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ