2012年2月に日本で公開されたドキュメンタリー映画『ピラミッド5000年の嘘』。

ピラミッド 5000年の嘘 [DVD]
ポニーキャニオン
2012-07-04


この映画の中で、原作者のジャック・グリモー氏が、ギザの三大ピラミッドのそばにあるスフィンクスは、26000年で一周する宇宙の時計である」という仮説を立てます。

ピラミッドスフィンクス







この仮説はとても興味深いものでしたので、その部分を文字に起こしてみました。

--------------------------------------------------------
映画『ピラミッド5000年の嘘』(1:28:50)

ピラミッドに込められた幾何学が、メッセージだったと仮定します。これほど巨大な構造物を数千年の時を持ち堪えられるように作ったということは、相当重要な内容を伝えようとしていたに違いありません。

太陽の分点に合図を送るよう設計したのは、私たち人間を「地球の周期」に目を向けさせるためでした。夜空に輝く星は、72年に1度ずつ移動していきます。一周するには26000年かかる計算です。これは地球の歳差運動の周期をあらわします。宇宙における地球の正確な位置を把握するため、現代の天文学者たちが利用しているのが黄道十二星座です。スフィンクスが見つめる星座も、時とともに移り変わります。

ピラミッド底面の四隅は、それぞれ、「おうし座」、「しし座」、「さそり座」、「みずがめ座」をあらわしています。

ピラミッド






古代世界では、さそり座を鷲(わし)、みずがめ座を天使で表現。大聖堂の装飾はその名残りです。各星座の中でもっとも明るく輝く星は「天の四大守護者」と呼ばれていました。おうし座のアルデバラン、しし座のレグルス、さそり座のアンタレス、そして、みずがめ座のフォーマルハウト。この星は現在、南のうお座に含まれています。この4つの星は位置関係が一定しているため、時間の推移を見る基準点として利用しています。おうし座とさそり座を結ぶ軸は、古代、「牡牛と鷲の軸」として知られ、羽根のある牛の姿であらわしました。また、しし座とみずがめ座を結ぶ軸は、「獅子と天使」という名称がつけられていました。ギザに置かれたそのシンボルが「人面獣身のスフィンクス」です。地質学者の見解に反して、スフィンクスは大ピラミッドの建設後に建てられ、両者に関連はないと一般的にみなされていますが、この通説はくつがえされるかも知れません。

ギザはまさに天文時計のような場所だと言えます。4つの星は文字盤、スフィンクスの視線を針に、およそ26000年で一周しながら地球の位置を正確に差し示しているのです。しかし、スタート地点がなければ円周のどこにいるのかわかりません。そこで示されたのがスフィンクスの胸にある謎のコブ、「獅子の心臓」と呼ばれている部分です。しし座のレグルスもアラビア語で al-qalb al-asad (アル=カルブ・アル=アサド/獅子の心臓)と名づけられています。古くからスフィンクスといえば、「朝は4本足、昼は2本足、夜に3本足になるものは?」という謎かけで有名です。答えは「人間とその運命」。アラビア語で Abu al-Haul (アブ アル=ハウル/畏怖の父)と呼ばれるのはスフィンクスの役割に由来するのでしょう。スフィンクスの目がまっすぐレグルスを見つめるとき、つまり、しし座とみずがめ座の軸に視線が一致したときが歳差運動のスタート地点となります。ギザの遺跡は26000年周期で一回転する地球の巨大な時計です。仮説や論争とは関係なく、ここで正確に時を刻み続けています。太陽の分点を示すピラミッド。正確な方位。

--------------------------------------------------------

ところで、この仮説の内容は、マルセイユタロットの大アルカナ「世界」の図柄と重なります。このタロットカードにも、四隅に4つの生き物(天使、獅子、牡牛、鷲)が描かれています。

世界
















あらためてタロットカードに描かれているものの壮大さを感じます。