Marseille Tarot School Official Blog

マルセイユタロットスクールの公式ブログです。

カテゴリ:ニュースを読む! > ▼悪魔

【今日のニュース】
首都圏を中心にオイスターバーを展開するヒューマンウェブは、来年4月以降、久米島沖の海洋深層水を使った牡蠣(カキ)の陸上養殖を本格化させる。既存の研究施設に加え、産卵・育成施設を整備。ほとんど雑菌がないとされる海洋深層水で安全な牡蠣を生産、来春の出荷を目指す。通年での供給体制を構築し、ブランド化を図る。自社店舗や国内市場、那覇空港の国際物流ハブで輸出にも取り組む考えだ。世界的にも牡蠣の陸上養殖による量産化は例がないという。(沖縄タイムス2016年11月24日電子新聞版より)

【リーディング】
この「世界初、牡蠣の陸上養殖」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの正位置が出ました。

悪魔
















「世界初、牡蠣の養殖」という記事について、「悪魔」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●牡蠣の陸上養殖の成功
●牡蠣の生産ルートと販売ルートの巧みな連携
●ぼろ儲け

このような見立てです。

マルセイユタロットの面白さは、リーディングの内容に即した絵柄(シンボル)のカードが出るということです。

「悪魔」のカードの絵柄は、まさに牡蠣の陸上養殖そのものです。中央の悪魔は養殖をする人、両脇でロープにつながれた小悪魔たちは、養殖されている牡蠣に見えます。小悪魔たちの足元を見ると、水の部分と土の部分が二層に分かれていて、海洋深層水を意味しているように見えます。

「悪魔」のカードは、錬金術をあらわすことがあります。今回のリーディングでは、カードが正位置で出ましたので、この牡蠣の陸上養殖というビジネスは大成功となり、大きな富を生み出していくことをタロットは示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
安倍首相は11月2日、ミャンマーの事実上の最高指導者、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。首相は、今年3月に発足した国民民主連盟(NLD)政権を支援する方針を伝え、5年間で官民合わせて8000億円規模の支援を発表した。(読売新聞2016年11月03日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「ミャンマー支援8000億円」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの正位置が出ました。

悪魔
















「ミャンマー支援8000億円」という記事について、「悪魔」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●日本とミャンマーの切っても切り離せない関係
●お互いに満足を与え合う関係
●大きなお金を生み出す関係

このような見立てです。

「悪魔」のカードには、中央にコウモリの羽をもった大きな悪魔、そして両脇には、大きな悪魔を見上げている2人の小悪魔が描かれています。この小悪魔たちの首には、綱がゆるくかけられていて、その表情を見ると、大きな悪魔につながれていることに喜びを感じているようです。

今回のリーディングでは、カードが正位置で出ましたので、日本がミャンマーに8000億円を支援するということについて、さまざまなことがポジティブに展開することを示唆しています。

ミャンマー政府は、2014年10月、「営業許可を与える外国銀行の選考結果」を発表し、営業許可を申請した12ヶ国25銀行のうち、6ヶ国9銀行に交付を決めました。日本勢は、免許を申請した三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のすべてがそろって認可を取得し、この2年間のあいだに、ミャンマーには、華々しいほど日本企業の進出が行なわれています。こういったことからも、日本とミャンマーは、すでに、経済的に「切っても切り離せない関係」になっています。

「悪魔」のカードは、ビジネスをテーマにしてリーデイングする場合、「チームワーク」を意味します。日本とミャンマーが「自由」「民主主義」「基本的人権」という普遍的価値を共有する最適なパートナーとして、今後、チームワークを組んでお互いに経済発展をしてくことが予想されます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
政府・与党は、海外資産への相続課税を抜本的に見直す方針だ。相続人と被相続人が海外に5年超居住している場合、海外資産には相続税がかからないが、課税できるようにする。税逃れに歯止めをかける狙いだ。日本で一時的に働く外国人が死亡した場合、海外資産にも日本の相続税をかける現状も変える。自民税調は、2017年度税制改正大綱に盛り込む方向で議論を始める。富裕層の中にはシンガポールなどに資産を移し、5年を超えるように海外に住む人がいるという。財務省は日本国籍を保有する人や10年以上海外に居住していない人には海外資産にも相続税をかける案などを検討する。(日本経済新聞2016年10月21日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「相続税、海外移住5年超す居住にも」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの逆位置が出ました。

悪魔R
















「相続税、海外移住5年超す居住にも」という記事について、「悪魔」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●日本の納税を逃れるため、海外に財産を持ち出す人が増えている
●現在の日本の税制に課題あり
●今回の税制改正に課題あり
●国家権力で国と住民とのお金の隷属関係を強める

このような見立てです。

「悪魔」のカードを見ると、カードの中央に描かれている存在は「税金を徴収する人」、その両脇に描かれている2人の存在は「海外に移住して納税を逃れている人」を表わしているように見えます。両脇の2人の存在は、両手をうしろに隠し、足元には水のようなものが描かれていますので、自分の財産を隠すために海外に持ち出した人のようです。また、2人とも首に縄がかけられていますので、税金を徴収する人につかまっているようにも見えます。

今回の税制改正の動きは、日本国内で納税する人の公平性を考えた場合、必要なことかも知れません。しかし、カードが逆位置で出ましたので、タロットはこの税制改正について「課題あり」としています。

日本の法人税が高いために、シンガポールや香港など、法人税が安い国に会社を設立する経営者が増えている昨今、今回の相続税の改正を理由に、海外の高度人材が日本で働くことを敬遠するという動きに拍車がかかるといった懸念があるようです。日本で働くメリットがなくなればなくなるほど、有力な企業が海外に出てしまったり、日本における海外人材の登用が困難になったりするのであれば、結果として、日本経済に大きなダメージを与えると思います。

ですから、日本の税制については、政府が、「税金を徴収する」という視点だけに重点を置くのではなく、国民がより豊かに暮らせるようになるための「経済発展」や「生活向上」といった、より高い視点で制定していただきたいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

【今日のニュース】
ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ SMAP が、8月14日に解散の発表をすることがわかった。当初より今月中に活動休止を発表する予定だったというが、直前になってグループの解散を選択したという。14日は全メディアがこぞって情報合戦を繰り広げる、歴史的な1日となりそうだ。かねてより SMAP は、グループの分裂による騒動で、存続危機が危ぶまれていた。SMAPの育ての親でもありグループの屋台骨を支えてきたチーフマネージャーとジャニーズ事務所の副社長との確執によって、メンバー同士の意志がバラバラの状態に陥ったといわれていた。(サイゾーウーマン2016年8月13日の記事より)

【リーディング】
この「SMAP、解散発表!歴史に幕を下ろす」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの逆位置が出ました。

悪魔R
















「SMAP、明日『解散』発表!歴史に幕を下ろす」という記事について、「悪魔」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●ジャニーズ事務所側の独裁的な経営体制に問題がある
●ジャニーズ事務所側とタレントたちとの金銭的または心理的な隷属状態
●欺瞞に満ちた人間関係
●不健全なつながり


このような見立てです。

「悪魔」のカードは、「チームワーク」や「金銭的な関係」などをあらわしますので、記事の内容に即したカードが出たと思います。

「悪魔」のカードの絵柄を見ると、中央に1人の悪魔、その両脇に緩やかなロープでつながれた2人の小悪魔が描かれています。このロープは、小悪魔たちの行動範囲を制限するものであると同時に、コンフォートゾーン(快適なゾーン)をあらわしています。なぜなら、小悪魔たちは、ロープでつながれているあいだは、中央の悪魔から、金銭的な利益を受けたり、心理的に満足したりして、自分の欲望が満たされるからです。

ここで、中央の悪魔を雇い主であるジャニーズ事務所の社長、小悪魔たちをSMAPのメンバーと見立てると、SMAPのメンバーたちは、これまで何度も契約を終わらせるタイミングがあったにもかかわらず、SMAPという「グループ」で活動するメリットを優先させて、なかなか解散することができなかったと推測されます。また、小悪魔たちは、両手をうしろに隠していますので、内部にあるさまざまな問題を隠してきたのだと思います。

今回のリーディングでは、「悪魔」のカードが逆位置で出ましたので、SMAPのメンバーひとりひとりの、グループ内における欺瞞に満ちた人間関係と、事務所に隷属している状態に課題があったことをタロットは示唆しています。この不健全な関係性を断ち切るという行動自体は、メンバーひとりひとりによって、よい良い芸能生活へと展開していくでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ