Marseille Tarot School Official Blog

マルセイユタロットスクールの公式ブログです。

カテゴリ: 格言

There is nothing with which a devil similar to an aggel, too floors a person.

天使にも似た悪魔ほど人を迷わすものははい。

悪魔
















------------------------------------------------
ウィリアム・シェイクスピア
William Shakespeare 1564-1616

Shakespeare











イギリスの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れたイギリス文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

You gods, will give us. Some faults to make us men.

神は、我々を人間にするために、何らかの欠点を与える。

神の家
















------------------------------------------------
ウィリアム・シェイクスピア
William Shakespeare 1564-1616

Shakespeare











イギリスの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れたイギリス文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

険しい丘に登るためには、最初にゆっくり歩くことが必要である。

It's necessary to walk slowly first to climb a steep hill.

愚者


 














------------------------------------------------
ウィリアム・シェイクスピア
William Shakespeare 1564-1616

Shakespeare











イギリスの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れたイギリス文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

人の成すことには潮時というものがある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その期を逃すと、一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう。(ウィリアム・シェイクスピア)

There is a tide in the affairs of men. Which, taken at the flood, leads on to fortune; Omitted, all the voyage of their life. Is bound in shallows and in miseries.(William Shakespeare)

運命の輪

 















------------------------------------------------
ウィリアム・シェイクスピア
William Shakespeare 1564-1616

Shakespeare











イギリスの劇作家、詩人であり、イギリス・ルネサンス演劇を代表する人物でもある。卓越した人間観察眼からなる内面の心理描写により、もっとも優れたイギリス文学の作家とも言われている。また彼の残した膨大な著作は、初期近代英語の実態を知る上での貴重な言語学的資料ともなっている。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

数秘の研究:「3」


「三人寄れば文殊の知恵」という諺(ことわざ)があります。

文殊とは、知恵をつかさどる菩薩のことです。「三人寄れば文殊の知恵」というのは、凡人でも三人で集まって話し合いをすれば、文殊に劣らぬほどのよい知恵が出るという意味です。


下の写真は、9世紀のインド北西部、パーラ朝で作られた石仏・文殊菩薩像です。

文殊菩薩





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

このページのトップヘ