【今日のニュース】
アメリカ大統領選は11月8日、全米50州と首都ワシントンで投開票が行われる。第45代にして初の女性大統領を目指す民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官と不動産王で公職経験ゼロの異端の共和党候補ドナルド・トランプ氏が激しく争っており、勝敗は現在14ある接戦州次第という情勢だ。早ければ11月8日夜(日本時間11月9日昼)に大勢が判明する。(読売新聞2016年11月08日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「アメリカ大統領選きょう投票」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「月」のカードの逆位置が出ました。

月R
















「アメリカ大統領選きょう投票」という記事について、「月」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●クリントン氏とトランプ氏の激しい争い
●先が読めない不透明な選挙
●どちらが当選しても将来の展望なし

このような見立てです。

「月」のカードには、2つの城壁と2匹の動物が描かれています。2匹の動物は互いに吠え合って対立している犬(または狼)で、今回の選挙で接戦を強いられているヒラリー・クリントン氏とドナルド・トランプ氏のように見えます。

新聞によると、選挙結果が僅差となった場合は、再集計などにもつれ込む可能性もあり、当日には勝者が決まらない懸念も出ているということです。

今回のリーディングでは、カードが逆位置で出ましたので、この激しい接戦の末に新しい大統領が決まったとしても、アメリカの政治の行く末は不透明であり、課題が多いことを示唆しています。