Marseille Tarot School Official Blog

マルセイユタロットスクールの公式ブログです

タグ:ニュース

【今日のニュース】
政府は、2019年1月1日に皇太子さまが新天皇に即位し、同時に元号を改める検討に入った。新元号は改元の半年以上前に公表する方向だ。平成30年(2018年)の区切りで天皇陛下の退位を実現するとともに、国民生活への影響を最小限に抑えるため、新元号は元日から始め、事前に公表することが望ましいと判断した。政府は一代限りの退位を可能にする特別法案を1月20日召集の通常国会で定めることを法案に明記する。(読売新聞2017年01月11日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「2019年元日、新天皇即位」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「運命の輪」のカードの正位置が出ました。

運命の輪
















「2019年元日、新天皇即位」について、「運命の輪」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●時流に乗った動き
●天皇が交代するちょうどよいタイミング

「運命の輪」のカードを見ると、大海に浮かぶ筏(いかだ)のように、潮の上で、大きな輪がゆっくりと回っているようすが描かれています。

大きな輪の真上には、悠然と構えるスフィンクスの姿が描かれています。このスフィンクスを「天皇」と見立てると、左側の動物は退位していく天皇、右側の動物はこれから即位する皇太子をあらわしているように見えます。

今回は、政府が、元号を1月1日の元日に改元するという方向で動いています。カレンダーや手帳作り、元号に対応する表記を使う公的機関や民間システム改修の時間などを考えると、改元の半年から一年程度前に新元号を公表するよう検討するということは、多くの人にとって、あらゆることがスムーズに行われることでしょう。

今回のリーディングではカードが正位置に出ていますので、「2019年元日、新天皇即位」に関しては、時流に乗った動きであり、天皇が交代するタイミングとしてはとてもよい方法だとタロットは示唆しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
首都圏を中心にオイスターバーを展開するヒューマンウェブは、来年4月以降、久米島沖の海洋深層水を使った牡蠣(カキ)の陸上養殖を本格化させる。既存の研究施設に加え、産卵・育成施設を整備。ほとんど雑菌がないとされる海洋深層水で安全な牡蠣を生産、来春の出荷を目指す。通年での供給体制を構築し、ブランド化を図る。自社店舗や国内市場、那覇空港の国際物流ハブで輸出にも取り組む考えだ。世界的にも牡蠣の陸上養殖による量産化は例がないという。(沖縄タイムス2016年11月24日電子新聞版より)

【リーディング】
この「世界初、牡蠣の陸上養殖」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの正位置が出ました。

悪魔
















「世界初、牡蠣の養殖」という記事について、「悪魔」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●牡蠣の陸上養殖の成功
●牡蠣の生産ルートと販売ルートの巧みな連携
●ぼろ儲け

このような見立てです。

マルセイユタロットの面白さは、リーディングの内容に即した絵柄(シンボル)のカードが出るということです。

「悪魔」のカードの絵柄は、まさに牡蠣の陸上養殖そのものです。中央の悪魔は養殖をする人、両脇でロープにつながれた小悪魔たちは、養殖されている牡蠣に見えます。小悪魔たちの足元を見ると、水の部分と土の部分が二層に分かれていて、海洋深層水を意味しているように見えます。

「悪魔」のカードは、錬金術をあらわすことがあります。今回のリーディングでは、カードが正位置で出ましたので、この牡蠣の陸上養殖というビジネスは大成功となり、大きな富を生み出していくことをタロットは示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
次期アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏は11月21日、国民に向けたビデオ声明で、来年1月20日の就任初日に環太平洋経済連携協定(TPP)から離脱する意思を通知する方針を示した。トランプ氏がTPPについて発言したのは初めて。日米が主導してきたTPPは発効の見通しが極めて厳しくなる。参加各国や関係国の間にも波紋が広がっている。(読売新聞2016年11月08日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「トランプ氏『TPP離脱』」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「仕事師」のカードの逆位置が出ました。

仕事師R
















「トランプ氏『TPP離脱』」という記事について、「仕事師」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●未熟な政治手法
●軽薄で深みのない行動
●ビジネス(交渉)のクオリティが低い

このような見立てです。

「仕事師」のカードには、テーブルが描かれており、いろいろな道具が置かれています。これらの道具は、「農作物」や「肉」などの物資、医療や保険などのサービス、投資などといった、TPPという枠組みで交渉が行われる国家間の貿易品目のように見えます。

トランプ氏は、「アメリカにとってTPPは不利なもの」と考えています。一方、安倍首相は、「TPPはアメリカ抜きでは意味がない」と語っています。

今回のリーディングでは、カードが逆位置で出ましたので、タロットは、TPPという枠組みが暗礁に乗り上げることを示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
アメリカ大統領選は11月8日、全米50州と首都ワシントンで投開票が行われる。第45代にして初の女性大統領を目指す民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官と不動産王で公職経験ゼロの異端の共和党候補ドナルド・トランプ氏が激しく争っており、勝敗は現在14ある接戦州次第という情勢だ。早ければ11月8日夜(日本時間11月9日昼)に大勢が判明する。(読売新聞2016年11月08日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「アメリカ大統領選きょう投票」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「月」のカードの逆位置が出ました。

月R
















「アメリカ大統領選きょう投票」という記事について、「月」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●クリントン氏とトランプ氏の激しい争い
●先が読めない不透明な選挙
●どちらが当選しても将来の展望なし

このような見立てです。

「月」のカードには、2つの城壁と2匹の動物が描かれています。2匹の動物は互いに吠え合って対立している犬(または狼)で、今回の選挙で接戦を強いられているヒラリー・クリントン氏とドナルド・トランプ氏のように見えます。

新聞によると、選挙結果が僅差となった場合は、再集計などにもつれ込む可能性もあり、当日には勝者が決まらない懸念も出ているということです。

今回のリーディングでは、カードが逆位置で出ましたので、この激しい接戦の末に新しい大統領が決まったとしても、アメリカの政治の行く末は不透明であり、課題が多いことを示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
日本、インド両政府は、日本からインドへの原子力発電所関連の資機材や技術の輸出を可能とする原子力協定に著名する方針を固めた。11月11日に東京で開催する安倍首相とモディ首相による首脳会談に合わせて協定の署名式を行う。日本が核拡散防止条約未加盟国と同協定を結ぶのは初めて。インドが核実験を実施した際に協力を停止するとの趣旨の文言を、協定とは別の文書に盛り込む方向で最終調整している。複数の日本政府関係者が明らかにした。(読売新聞2016年11月06日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「日本、インド、原子力協定署名へ」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「隠者」のカードの逆位置が出ました。

隠者R
















「日本、インド、原子力協定署名へ」という記事について、「隠者」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●思慮深くない判断
●人類の叡智に根ざしていない

このような見立てです。

「隠者」のカードには、ゆったりとした外套に身を包んだ老人が、右手にランタンを掲げて立っているようすが描かれています。この老人は、人里離れた森の中にいる隠者です。

日本には、現在、3社の原発メーカーと500社の部品メーカーがありますが、2011年に起きた福島第1原発事故のあと、国内での需要が見込めなくなり、海外への輸出に活路を見いだしていると言われています。日本とインドが原子力協定を結ぶとなると、日本の原発産業にとっては大きなビジネスチャンスになるでしょう。

今回のリーディングでは、カードが逆位置で出ましたので、この協定には「課題あり」としています。

インドは、核拡散防止条約に加盟していない核保有国です。1974年には再処理で抽出したプルトニウムを使用して、初の核実験を行っています。今回の日本製原発で生み出されるプルトニウムが核兵器に転用される恐れは十分にあります。

日本は、唯一の被爆国として、核兵器の恐ろしさを世界に伝えていく立場であり、今回のインドとの協定は、人類の叡智に根ざしたものではないとタロットは示唆しているように思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
西日本鉄道は11月4日、京都市で建設を進めている高級ホテルを来年4月29日に開業すると発表した。ホテル名は「ソラリア西鉄ホテル京都プレミア三条鴨川」で、約125億を投資した。同社が京都でホテルを建設するのは初めて。(読売新聞2016年11月05日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「西鉄、京都のホテル来春開業」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「戦車」のカードの正位置が出ました。

戦車
















「西鉄、京都のホテル来春開業」という記事について、「戦車」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●西鉄が展開するホテルビジネスの成功
●勝ち馬に乗る
●出世と繁栄

このような見立てです。

「戦車」のカードには、王冠を戴き、甲冑(かっちゅう)に身を固めた凛々しい戦士が、2頭立ての戦車に乗って、勝利の凱旋をしている姿が描かれています。ビジネスをテーマにリーディングをするときは、このカードそのものが、鉄道やバスなどの「運輸業」を表わすことがあります。

今回のリーディングでは、カードが正位置で出ましたので、西鉄が京都にホテルをオープンするという事業展開は成功するということをタロットは示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は11月4日午前に記者会見を開き、40年近い友人の女性経営者崔順実(チェ・スンシル)容疑者による国政介入疑惑に関連し、「必要に応じて、私も検察の捜査に忠実に臨む覚悟だ」と受け入れる考えを初めて示した。「捜査で過ちが明らかになれば、私もすべての責任を負う覚悟ができている」として、捜査の結果次第では引責辞任する可能性も示唆した。ただ「国政の空白」を防ぐため与野党の協力を求め、当面は自身が政権運営を続ける意思を表明した。(読売新聞2016年11月04日夕刊紙面より)

【リーディング】
この「朴大統領、捜査受け入れ」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「星」のカードの逆位置が出ました。

星R

















「朴大統領、捜査受け入れ」という記事について、「星」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●お金にだらしない
●打算的な人間関係
●放漫な管理
●国家の機密文書や資金を垂れ流し

このような見立てです。

「星」のカードには、両手に壷を持ったひとりの美しい女性が描かれています。そして、2つの壷からは、水がとめどもなく流れ出ています。これは、朴槿恵大統領が国家の機密文書をみだらに流出させているようすや、朴大統領の友人である崔順実容疑者が国と関連する財団の資金を流用している姿に見えます。

今回のリーディングでは、カードが逆位置で出ましたので、朴槿恵氏が大統領という地位にありながら、国民を裏切り、国家の信用を失わせる行為をしていたということが、韓国にとって大きな問題であることを、タロットは示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
安倍首相は11月2日、ミャンマーの事実上の最高指導者、アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。首相は、今年3月に発足した国民民主連盟(NLD)政権を支援する方針を伝え、5年間で官民合わせて8000億円規模の支援を発表した。(読売新聞2016年11月03日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「ミャンマー支援8000億円」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの正位置が出ました。

悪魔
















「ミャンマー支援8000億円」という記事について、「悪魔」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●日本とミャンマーの切っても切り離せない関係
●お互いに満足を与え合う関係
●大きなお金を生み出す関係

このような見立てです。

「悪魔」のカードには、中央にコウモリの羽をもった大きな悪魔、そして両脇には、大きな悪魔を見上げている2人の小悪魔が描かれています。この小悪魔たちの首には、綱がゆるくかけられていて、その表情を見ると、大きな悪魔につながれていることに喜びを感じているようです。

今回のリーディングでは、カードが正位置で出ましたので、日本がミャンマーに8000億円を支援するということについて、さまざまなことがポジティブに展開することを示唆しています。

ミャンマー政府は、2014年10月、「営業許可を与える外国銀行の選考結果」を発表し、営業許可を申請した12ヶ国25銀行のうち、6ヶ国9銀行に交付を決めました。日本勢は、免許を申請した三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のすべてがそろって認可を取得し、この2年間のあいだに、ミャンマーには、華々しいほど日本企業の進出が行なわれています。こういったことからも、日本とミャンマーは、すでに、経済的に「切っても切り離せない関係」になっています。

「悪魔」のカードは、ビジネスをテーマにしてリーデイングする場合、「チームワーク」を意味します。日本とミャンマーが「自由」「民主主義」「基本的人権」という普遍的価値を共有する最適なパートナーとして、今後、チームワークを組んでお互いに経済発展をしてくことが予想されます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
日本郵船、商船三井、川崎汽船の国内海運大手3社は10月31日、食料品や工業製品、精密機器などを運ぶ主力の定期コンテナ船事業を統合することで合したと発表した。2017年7月に共同出資会社を設立し、2018年4月から事業を始める。世界シェア(市場占有率)は約7パーセントとなり、世界6位の規模となる。海運不況が長期化し、世界的な再編が広がる中、国内大手が結束して生き残りを図る狙いがある。(読売新聞2016年10月31日夕刊紙面より)

【リーディング】
この「コンテナ船事業統合」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「運命の輪」のカードの正位置が出ました。

運命の輪

















「コンテナ船事業統合」という記事について、「運命の輪」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●時代の変化に適応したポジティブな経営戦略である
●コンテナ船の収益が上がり、金回りが良くなる
●3社
の業績が好転し、社運が変わる

このような見立てです。

「運命の輪」のカードには、海に浮かぶ筏(いかだ)とそれにつかまる3匹の動物が描かれています。したがって、ビジネスをテーマにリーディングをするときは、このカードそのものが「海運業」を表わすことがあります。

カードに描かれている3匹の動物は、日本郵船、商船三井、川崎汽船の3社を表わしているように見えます。そして、3社が1つの輪を共有する、すなわち、「海運業」というものを通じて、3社が1つのビジネスを共有する姿が描かれているようです。

また、記事には、「3社はこれまで共同配船などで協力関係があったことなどから、国内3社による提携で各社の強みを生かす方が得策と判断した」と書かれています。今回のリーディングでは、カードが正位置で出ましたので、タロットは、3社の事業統合によって、経費を節減し、より収益を高められ、この事業展開は吉となるとういことを示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
東京都の小池百合子知事は10月30日、都内で自らが塾長を務める政治塾「希望の塾」の開校式を開いた。全国から約4800人の応募があり、選考を経て約2900人が入塾した。小池氏は「すばらしい日本の政治をつくるため、一人ひとりが批評家ではなく、実際にプレーヤーとなって参加するような方向を目指したい」と強調した。与野党には、小池氏の政治塾が来夏の都議選をにらんだ新党結成の布石になるとの観測が広がっている。(日本経済新聞2016年10月31日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「小池百合子氏の政治塾に2900人」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「神の家」のカードの正位置が出ました。

神の家
















「小池百合子氏の政治塾に2900人」という記事について、「神の家」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●新党結成に向けて、大きな組織を作ろうとしている
●新党結成のために、揺るぎない組織を作ろうとしている
●ひとつひとつ積み重ねていく着実な政治手法
●男性的な政治手腕

このような見立てです。

「神の家」のカードには、天上から神の光が降りてきてそれが大きな建物に注ぎ込まれるようすが描かれています。斜めになった王冠はこの建物が神の家として戴冠しているところを表しています。この「神の光」と「王冠」という2つのシンボルは、小池百合子氏の政治塾が、たくさんの人の支援によって華々しくスタートしたことを表しています。

小池百合子氏が、政治家として、いま東京に必要なこと、そして、これから日本にとって大事だと思われることを客観的かつ論理的に見据えて、ひとつひとつ着実に取り組んでいこうとする姿は、男性的な政治手腕のようです。マルセイユタロットは、この政治塾がやがて1つの政党として大成することを示唆しているように思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
プロ野球のSMBC日本シリーズは10月29日、広島市のマツダスタジアムで第6戦があり、パ・リーグ1位の日本ハムがセ・リーグ1位の広島を10−4で破って通算4勝2敗とし、10年ぶり3度目の日本一に輝いた。日本ハムは敵地で2連敗したあと、本拠・札幌ドームに戻った第3戦から息を吹き返し、4連勝。栗山英樹監督(55)は、就任5年目で初めてチームを日本一に導いた。(朝日新聞2016年10月29日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「日本ハム、日本一」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「戦車」のカードの正位置が出ました。

戦車
















「日本ハム、日本一」という記事について、「戦車」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●勝利
●達成
●成功
●積極的攻勢
●人の操縦がうまい

このような見立てです。

マルセイユタロットの「戦車」のカードには、王冠を戴き甲冑(かっちゅう)に身を固めた凛々しい戦士が2頭立ての戦車に乗って勝利の凱旋をしている姿が描かれています。「戦車」のカードには、「勝利」というキーワードがありますので、まさに、プロ野球の日本シリーズで一位に輝いた日本ハムをあらわしているように思います。そして、このカードに描かれている凛々しい戦士は、チームを優勝に導いた栗山英樹監督に見えます。戦いが苦しいものであればあるほど、勝利の喜びは大きいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
政府・与党は、海外資産への相続課税を抜本的に見直す方針だ。相続人と被相続人が海外に5年超居住している場合、海外資産には相続税がかからないが、課税できるようにする。税逃れに歯止めをかける狙いだ。日本で一時的に働く外国人が死亡した場合、海外資産にも日本の相続税をかける現状も変える。自民税調は、2017年度税制改正大綱に盛り込む方向で議論を始める。富裕層の中にはシンガポールなどに資産を移し、5年を超えるように海外に住む人がいるという。財務省は日本国籍を保有する人や10年以上海外に居住していない人には海外資産にも相続税をかける案などを検討する。(日本経済新聞2016年10月21日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「相続税、海外移住5年超す居住にも」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの逆位置が出ました。

悪魔R
















「相続税、海外移住5年超す居住にも」という記事について、「悪魔」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●日本の納税を逃れるため、海外に財産を持ち出す人が増えている
●現在の日本の税制に課題あり
●今回の税制改正に課題あり
●国家権力で国と住民とのお金の隷属関係を強める

このような見立てです。

「悪魔」のカードを見ると、カードの中央に描かれている存在は「税金を徴収する人」、その両脇に描かれている2人の存在は「海外に移住して納税を逃れている人」を表わしているように見えます。両脇の2人の存在は、両手をうしろに隠し、足元には水のようなものが描かれていますので、自分の財産を隠すために海外に持ち出した人のようです。また、2人とも首に縄がかけられていますので、税金を徴収する人につかまっているようにも見えます。

今回の税制改正の動きは、日本国内で納税する人の公平性を考えた場合、必要なことかも知れません。しかし、カードが逆位置で出ましたので、タロットはこの税制改正について「課題あり」としています。

日本の法人税が高いために、シンガポールや香港など、法人税が安い国に会社を設立する経営者が増えている昨今、今回の相続税の改正を理由に、海外の高度人材が日本で働くことを敬遠するという動きに拍車がかかるといった懸念があるようです。日本で働くメリットがなくなればなくなるほど、有力な企業が海外に出てしまったり、日本における海外人材の登用が困難になったりするのであれば、結果として、日本経済に大きなダメージを与えると思います。

ですから、日本の税制については、政府が、「税金を徴収する」という視点だけに重点を置くのではなく、国民がより豊かに暮らせるようになるための「経済発展」や「生活向上」といった、より高い視点で制定していただきたいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
アルバイトやパートの時給が上昇している。民間の調査で、9月の全国の平均時給が初めて1,000円の大台を超えた。10月の最低賃金引き上げを控えて条件を見直す動きが目立った。同月の社会保険の適用拡大も人手不足に拍車をかけており、かき入れ時の年末を控えた採用競争が激しさを増している。賃上げによる人件費増で企業負担は一層増えそうだ(日本経済新聞2016年10月20日経済面より)

【リーディング】
この「バイト時給1,000円時代」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「運命の輪」のカードの逆位置が出ました。

運命の輪R

















「バイト時給1,000円時代」という記事について、「運命の輪」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●雇用する側に、人件費という予期せぬ出費
●雇用する側に、賃上げできる体力がない
●年末にかけて、パートで働く主婦らの就業調整による人手不足の懸念
●雇用する側と雇用される側の勤務体制や賃金のタイミングが合わない

このような見立てです。

「運命の輪」のカードには、上向きの動物と下向きの動物が輪にしがみついてクルクルと回っているようすが描かれています。この二匹の動物は、アルバイトやパートという形で時給をもらって働いている人たちに見えますし、輪の上に鎮座している一匹の動物は、雇い主を表わしているように見えます。また、「運命の輪」は、「時間」と関係が深いカードであり、今回のニュースは「時給」に関するものです。

今回のリーディングでは、カードが逆位置に出ましたので、アルバイトやパートの時給が上昇していることについて「課題あり」としています。

時給が上昇すること自体は、働く側の人にとって、また、日本経済全体で見ればプラスの動きかも知れません。しかし、雇用する側に賃上げができる資金的な体力があるのかということを考えたときに、時給上昇の動きには課題があるということをタロットは示唆しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
日本政府は10月17日、天皇陛下が生前退位の意向を示唆されたことを踏まえて設置した「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」の初会合を首相官邸で開いた。生前退位のほか、現行法に規定のある摂政による対応の是非や、天皇の国事行為や公的行為のあり方など8項目について、憲法や皇室に詳しい専門家からヒアリングを実施することを確認した。政府は今回の有識者会議で、女性天皇とその子である女系天皇の容認や女性宮家の創設など、安定的な行為継承をどう図るかというテーマは取り上げない。議論の拡散を避ける狙いからだが、「皇族減少への対応は待ったなしだと早急な対応を求める声も出ている。(読売新聞2016年10月18日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「女性天皇、議論せず」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「運命の輪」のカードの逆位置が出ました。

運命の輪R

















「女性天皇、議論せず」という記事について、「運命の輪」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●時代遅れの制度
●いま、女性天皇について議論をしても、意見の相違で結論が出ない
●いま、女性天皇について議論するタイミングではない
●女性天皇を擁立するかしないか、結論を出すまでに時間がかかる

このような見立てです。

今回のリーディングでは、「運命の輪」の逆位置が出ましたので、タロットカードは、いま女性天皇について議論することについて「課題あり」としています。

「運命の輪」のカードには、上向きの動物と下向きの動物が大きな輪にしがみついてクルクルと回っているようすが描かれています。制度を刷新して女性天皇を擁立させようとする人と、男性のみが継承者であるというこれまでの伝統を守ろうとする人と、正反対の意見を持つ人がいるために、論議がいつまでも続き、クルクルと空回りをして結論が出ないということを示唆しています。また、この課題そのものが時流に乗っておらず、いまは制度を改正するタイミングではないということもあらわしています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
スウェーデン・アカデミーは10月13日、今年のノーベル文学賞を米国のミュージシャンで作詞家のボブ・ディラン氏(75)に授与すると発表した。授与理由を「偉大な米国の歌の伝統に新たな詩的表現を作り出した」とした。歌手の文学賞受賞は極めて異例。賞金は800スウェーデンクローナ(約9400万円)で、受賞式は12月10日にストックホルムで行われる。(朝日新聞2016年10月13日朝刊紙面より)

ボブ・ディラン氏の写真(Wikipediaより借用)
Bob_Dylan














【リーディング】
この「ボブ・ディラン氏ノーベル文学賞受賞」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「審判」のカードの正位置が出ました。

審判
















「ボブ・ディラン氏ノーベル文学賞受賞」という記事について、「審判」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●ボブ・ディラン氏の偉業に祝福がもたらされる
●音楽を自分の天職として受け入れ、使命としてまっとうする
●音楽で魂を復活させる


このような見立てです。

「審判」のカードを見ると、ボブ・ディラン氏がノーベル文学賞を受賞したようすが描かれているように思います。まず、天使のラッパには、スウェーデンの国旗とよく似た十字の旗がつけられていて、まさにノーベル賞の受賞者を告げ知らせているようです。また、中央の人物がボブ・ディランで、その両脇で拍手をしている2人の人物は、ボブ・ディラン氏を賞賛している人たちに見えます。

スウェーデン国旗





多くの国が、他の国との競争や戦いといった緊張感を抱えている中、平和の大切さを訴えるボブ・ディランの音楽がノーベル文学賞を受賞したということは大きな意味があるように思います。音楽を自分の天職として受け入れ、使命をまっとうしたボブ・ディランに心から敬意を表したいと思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
厚生労働省は10月12日、2020年東京オリンピックなどに向けて検討している受動喫煙防止対策のたたき台を公表した。飲食店内やホテルのロビーなどを原則禁煙とし、悪質な違反者に罰則を科すことなどが柱だ。今月末にも業界団体から意見聴取したうえで新たな法案を作成し、来年の通常国会への提出を目指す。(読売新聞2016年10月13日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「飲食店、原則禁煙に」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「世界」のカードの逆位置が出ました。

世界R
















「飲食店、原則禁煙に」という記事について、「世界」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●喫煙に対する日本政府の法律の甘さ
●喫煙を許可しているお店に課題を生み出す
●喫煙を許可しているお店は、お客さんが減り、お金が回らなくなる
●厚生労働省によるこの規制は、しばらく社会に混乱を引き起こす


このような見立てです。

「世界」のカードを正位置で見てみると、この「飲食店、原則禁煙に」というテーマをよく表しているように思います。カードの中央に立つ人物は、左手にタバコ、右手に携帯用の灰皿を持っているように見えます。また、カードの四隅に描かれている4つの生き物は禁煙の人たちを表していて、喫煙者は煙が漏れないように囲いをつけられています。

世界
















マルセイユタロットの「世界」のカードは、「社会」を意味することがあります。今回のリーディングではカードが逆位置で出ましたので、タロットカードは、これまで喫煙を許可していたお店は、禁煙にすることで、お客さんが減ったり、あるいは禁煙のルールを守らない人が出てきたりなど、しばらくは社会全体に問題や混乱を引き起こす可能性があることを示唆しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ SMAP が、8月14日に解散の発表をすることがわかった。当初より今月中に活動休止を発表する予定だったというが、直前になってグループの解散を選択したという。14日は全メディアがこぞって情報合戦を繰り広げる、歴史的な1日となりそうだ。かねてより SMAP は、グループの分裂による騒動で、存続危機が危ぶまれていた。SMAPの育ての親でもありグループの屋台骨を支えてきたチーフマネージャーとジャニーズ事務所の副社長との確執によって、メンバー同士の意志がバラバラの状態に陥ったといわれていた。(サイゾーウーマン2016年8月13日の記事より)

【リーディング】
この「SMAP、解散発表!歴史に幕を下ろす」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「悪魔」のカードの逆位置が出ました。

悪魔R
















「SMAP、明日『解散』発表!歴史に幕を下ろす」という記事について、「悪魔」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●ジャニーズ事務所側の独裁的な経営体制に問題がある
●ジャニーズ事務所側とタレントたちとの金銭的または心理的な隷属状態
●欺瞞に満ちた人間関係
●不健全なつながり


このような見立てです。

「悪魔」のカードは、「チームワーク」や「金銭的な関係」などをあらわしますので、記事の内容に即したカードが出たと思います。

「悪魔」のカードの絵柄を見ると、中央に1人の悪魔、その両脇に緩やかなロープでつながれた2人の小悪魔が描かれています。このロープは、小悪魔たちの行動範囲を制限するものであると同時に、コンフォートゾーン(快適なゾーン)をあらわしています。なぜなら、小悪魔たちは、ロープでつながれているあいだは、中央の悪魔から、金銭的な利益を受けたり、心理的に満足したりして、自分の欲望が満たされるからです。

ここで、中央の悪魔を雇い主であるジャニーズ事務所の社長、小悪魔たちをSMAPのメンバーと見立てると、SMAPのメンバーたちは、これまで何度も契約を終わらせるタイミングがあったにもかかわらず、SMAPという「グループ」で活動するメリットを優先させて、なかなか解散することができなかったと推測されます。また、小悪魔たちは、両手をうしろに隠していますので、内部にあるさまざまな問題を隠してきたのだと思います。

今回のリーディングでは、「悪魔」のカードが逆位置で出ましたので、SMAPのメンバーひとりひとりの、グループ内における欺瞞に満ちた人間関係と、事務所に隷属している状態に課題があったことをタロットは示唆しています。この不健全な関係性を断ち切るという行動自体は、メンバーひとりひとりによって、よい良い芸能生活へと展開していくでしょう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
東京都知事選が8月31日、投開票され、政党の支援を受けない新人で無所属の小池百合子・元防衛相(64歳)が、自民、公明、こころの3党の推薦を受けた増田寛也・元総務相(64歳)、民進、共産、社民、生活の野党4党の推薦を受けたジャーナリストの鳥越俊太郎(76歳)らを大差で退け、当選を決めた。女性の都知事は初で、女性の知事は全国で7人目。小池氏は、2020年東京五輪・パラリンピックの準備などを急ぐ。(読売新聞2016年08月1日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「都知事に小池百合子氏」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「戦車」のカードの逆位置が出ました。

戦車R
















「都知事に小池氏」について、「戦車」のカードの逆位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●勝利をしたあとに足を引っぱられる
●積極的な手腕が裏目に出る
●政治が理想通りに進まない
●男性議員の嫉妬や反感を買う


このような見立てです。

「戦車」のカードは、「勝利」や「成功」をあらわしますので、記事の内容に即したカードが出たように思います。

今回の都知事選で、小池百合子氏は、自民党という巨大組織に1人で立ち向かう姿をアピールし、大差で勝利をおさめました。このような小池氏の戦い方について、読売新聞では「劇場型」と表現しています。結果的に、都連丸抱えの選挙を行った増田氏だけではなく、野党統一候補を全面に押し出したジャーナリストの鳥越俊太郎氏も、「小池劇場」の脇役の追いやられた形になりました。

しかし、こうした小池氏の「劇場型」の手法には、都庁内からも早くも懸念の声が出ているようです。今後、五輪対応や予算編成が待ち構え、都議会との協調は不可欠です。知事と都議会与党が感情的に対立すれば、物事は進みません。五輪の準備は待ったなしなのに、混乱が広がる可能性もあります。

都政がスムーズに進むために、小池氏のさらなる手腕が問われるところです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
中国や周辺国が領有権を争う南シナ海問題で、オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は12日、中国が独自の権利を主張する境界線「9段線」に国際法上の根拠はない、との判決を出した。南シナ海問題を巡る初の司法判断で、提訴したフィリピンの主張をほぼ全面的に認める判決となった。中国は激しく反発しており、周辺国や米国などとの緊張が高まる可能性がある。(朝日新聞2016年07月13日朝刊紙面より)

【リーディング】
この「南シナ海、中国の権利否定」について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「正義」のカードの正位置が出ました。

正義
















「東シナ海、中国の権利否定」という記事について、「正義」のカードの正位置から見えてくるキーワードは次のようなものです。

●中国との厳しい対立関係に下された中立かつ公平な判断
●白黒はっきりさせて不必要なものをばっさり切る
●嘘や偽りがない厳格な判決
●この判決によって中国と周辺国のバランスが保たれる


世界の貿易量の3割以上が南シナ海を通過していると言われています。南シナ海を不安定化させる中国の行動は、航行の自由を重視するすべての国の利益に反するものです。今回の判決は、南シナ海で中国と同様の係争を抱える国々にとって勝利の判決であると、タロットは示唆しているように思います。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
2020年東京オリンピックの新しいエンブレムは、藍色の市松文様をデザインして粋な日本らしさを表現した作品に決まった。制作者は東京都在住のアーティスト野老朝雄(ところあさお)さん、46歳。江戸時代に広まった市松模様を藍色の四角形の組み合わせで表現し、日本らしさを描いたものである。(朝日新聞西部本社版朝刊1面・2016年04月26日付より)

FullSizeRender









この「東京五輪エンブレム決まる」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「神の家」のカードの正位置が出ました。

8865fce6f708ef7bea1b7d04c42d66d1
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、3名の方からコメントをいただきました。

S.Nさま
「神の家」のカードの中心に描かれている「塔」が、四角形を重ね合わせた市松模様に見えてきます。そして、その上には、輝かしい王冠がかぶせられています。このエンブレムが、東京オリンピックの「大成功」を象徴しているように思います。

S.Tさま
盗作疑惑で一度ボツになった経緯を象徴しているように思います。ガラガラポンで、新しいエンブレムは多くの人に受け入れられるでしょう。

M.Iさま
人々のさまざまな想念が積み重なっているさまが思い浮かびました。そこにはポジティブなものもネガティブなものもあり、想念の多様さがわかります。だいだいは、楽しい、嬉しい、大成功!を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。そして、いろいろな批判を受けながらも、このイベントを成功させようと表舞台に立たない日たち…裏方を担当している人は、さまざまな努力をされているのだろうなとも思います。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
民主、維新両党は3月14日、新たな党名を「民進党」とすることを決めた。両党が実施した世論調査で、維新の党が提案する「民進党」が、民主党の推す「立憲民主党」を上回ったためだ。両党は近く党内手続きを始め、27日の結党大会で党名を正式決定する。(読売新聞・社会面・2016年03月15日より)

【リーディング】
この「新たな党名『民主党』」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「手品師」のカードの正位置が出ました。

仕事師
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、3名の方からコメントをいただきました。

S.Nさま:
「民進党」という新たな党名がついたという記事について、「手品師」のカードの「正位置」が出たというのは、「日本の政治に新しいものが1つ始動した」という印象を受けます。カードの「1」という数秘は、二元論における「男性原理」をあらわし、活動の性質においては始動性、積極性、能動性、行動力といったものをあらわします。そして、カードに描かれている若い男性のイメージにより、未熟さという側面も見られます。ひとつの新しいものが始動し、これから何かを行おうとしているということで、 私たちは、そういった動きをただ傍観するだけではなく、誰もが住みやすい国になるように、国民ひとりひとりが、政治に関心を向けるということで、また違った展望が開けていくように思います。

S.Tさま
机の上に並んでいるのは、両党に所属する人たちに見えます。若い男性が束ねようとしていますが、まだ思案中のようです。手に持ったバトンの両端がそれぞれの党をあらわしていて、これを巧みに使って束ねると思われます。いずれにしても、見え隠れするのは仕事の段取りばかり。何を作るのか、本人もわかっていないのです。

M.Iさま
正位置ですから、希望と情熱をもってよい出発をしたのだと解釈します。まだまだ不安定さはあるでしょうけれど、しばらくはテーブルに広げられた手持ちのコマを使いながらうまく運営していくことになるのかなと。ただ・・・理由はわからないのですが、なんとなく、女性関係の問題に注意が必要なのかもと感じました。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
九州新幹線鹿児島ルート(博多−鹿児島中央、約256キロ)は3月12日、全線開業から5年を迎えた。2004年の部分開業から今年1月までの累計輸送人員は8957万人。博多−鹿児島中央間を最速1時間17分で駆け抜ける高速鉄道は、九州の大動脈として定着した。九州運輸局によると、今年度の輸送人員はこれまで最高だった2014年度の1310万人を上回る見通しだ。(読売新聞西部本社版夕刊1面・2016年03月12日付より)

【リーディング】
この「九州新幹線、全線開業5年」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「女教皇」のカードの正位置が出ました。

女教皇
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、4名の方からご意見をいただきました。

S.Nさま
正位置で出ていますので、九州新幹線が全線開通したメリットというものをリーディングしてみました。まず、女教皇が手に持っているものが「帳簿」に見えます。JR九州はこの5年間、数字を上げていくこと(利益を上げていくこと)を考えていったのではないかと思います。そして、女教皇のカードに対応する数秘は「2」です。「2」は「1」と「1」を足したものであり、カバラー数秘では最初の「蓄積」の原理を意味します。九州新幹線は、人の輸送という目的だけではなく、福岡、熊本、鹿児島などの沿線でどのような経済の相乗効果をもたらすことができるかといった九州の発展にも貢献しようとしているように思います。

S.Tさま
新幹線の車内に座り、読書をしながら車窓を眺めている女性に見えます。いまは移動中で、目的地はまだ先にあります。兇箸い数字は、まだ若い未熟な印象を与えます。発展途上、ということでしょうか。

M.Iさま
私は、事業計画書を、大雑把なものから少しずつ詳細にしていくお仕事をしている人がいるように見えました。ひとりで、冷静に客観的に、、どこにどんなニーズがあるか、それにどのように応えられるのかのデータをとり、集積しているようです。ただし、行動する人は別にいる、みたいな。

A.Sさま
人との交流がようやく本格的になって、これからますます発展していく役割を担っていると思います。助走の五年間だったと感じます。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
政府・与党は24日、消費税率を低く抑える軽減税率について、2017年4月の税率10パーセントへの引き上げ時点から、4000億円を上回る財源を確保する方向で調整に入った。自民党は当初、生鮮食品(軽減額3400億円)を基本に4000億円を上限とする方針だったが、加工食品を対象に加えるよう求める公明党の強い反発を踏まえ、早期妥結のためにはやむを得ないと判断した。対象品目について、野菜や精肉、精米などの生鮮食品だけでなく、豆腐やハムといった加工食品を加えた場合、財源は4000億円では足りなくなる。公明党が主張する「酒類を除く飲食料品(外食含む)」ならば1兆3000億円が必要で、ここから外食を除くと1兆円、さらに菓子類や飲料を除いても8200億円が必要だ。対象品目の範囲や財源の上積み分をどう確保するのかといった詳細な制度設計は、引き続き自民、公明両党の幹事長らによる協議に委ねられる。自公両党は早ければ月内の大筋合意を目指している。(読売新聞・社会面・2015年11月25日より)

【リーディング】
この軽減税率に関する記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「愚者」のカードの正位置が出ました。

愚者
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、3名の方からご意見をいただきました。

S.Tさま:
新しい金のありかを求めて動いている政府・自民党そのもののようなカードですね。肩にかけているのは財源でしょう。犬は公明党のように見えます。あれこれ要求していて、行き先に注文をつけています。

S.Nさま
愚者は、政治に関心がなく、自分のやりたことだけをやって生きている人のように見えます。肩にかけている棒の先には革袋がぶらさがっていて、この中には日々の生活を送るためのお金が入っているようです。そして、この革袋の中のお金について、『いつか底を尽いてしまう…』といった不安や心配は、愚者の表情からはうかがえません。愚者は、『なんとかなるさ!』といったような、楽観的な気持ちで生きているようです。いまの日本国民も、政府が決めることについて、あまり深く考えず、『なんとかなる』といった考えを持っている人が多いのかも知れません。そのように読んでみました。

M.Iさま
政府与党がどのように調整しているのかほとんど関心を示さず(心配していない)、己の道を行こうとしている日本人の集合意識(愚者)と、引きとめにかかっている政治家たち(犬)というイメージが浮かびました。一見、大きなものに飲み込まれて消滅したようでも、実は、飲み込んだモノの中でどんどん大きくなっていつの間にか主役交代、というしたたかな日本人像も浮かびます。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
持ち物を最小限に減らして生活する人を指す「ミニマリスト」という言葉が注目されている。今年の新語・流行語大賞の候補にもなった。物に頼らなくても自分を表現できる手段が広がったことに加え、スマートフォンやシェア(共有)サービスの普及が、「持たざる暮らし」を後押ししているようだ。(読売新聞・くらし家庭面・2015年11月17日より)

【リーディング】
この「ミニマリスト」について書かれた記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「月」のカードの正位置が出ました。

月
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、3名の方からご意見をいただきました。

M.Nさま:
たくさんのエネルギーを受け取っている月を見る2匹の獣たちと、その光景を見るザリガニ。現在の自分は完全な状態ではなく不満を感じている。物質をたくさん所有していても満足できないのはなぜだろう?それは神性(純粋意識)と魔性(肉体)のバランスが悪く、魂の部分が欠けています。魂とはアダムハリション(全体魂)となることが完全体です。肉体で生きることは一(個)で生きること。全としての生きる方法をまだ知らないからですね。ザリガニは強い所有欲を持っていた故、たくさんの手足を持つことで下等な存在になり、そのことを知っていますが獣である犬たちへ伝えることはできません。ただただ、獣たちが葛藤の末、月のように真の実在であるエネルギーを受け取れる存在になるか否かを眺めているだけです。彼ら(ミニマリスト)はものを持たないことで、なにを持つべきか、何に気付くべきかを探すことになります。観えざるものを、観るための目を覚醒するために、価値観、世界観を変える時期だからこそミニマリストが生まれることになるのです。ザリガニをひねって読んでみました。

S.Nさま
2匹の犬、すなわち、肌色の犬と空色の犬が、お互いに向き合って拮抗している姿は、自分の内面に起こる『肉体意識で生きるか、魂意識で生きるか』という原初的な葛藤を表わしているように見えます。そしてそのイメージに、現在自分が所有している「物」ひとつひとつについて、『これからも所有しておくか、あるいは、手放してスッキリするか』といった迷いが反映しているように見えます。また、2匹の犬の背後に、肌色と空色をした2つの建物が描かれているのも印象的です。

S.Tさま
様々な情念を抱えながら、月夜を歩く人が思い浮かびました。水が澄み切るのか、太陽が昇るのか、ターニングポイントに差し掛かっているようです。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、約3年ぶりとなる日本と中国、韓国の3か国外相会談が3月21日、ソウル市内のホテルで行われたということです。3外相は、3か国に首脳会談の早期開催に向けて引き続き努力することで一致しました。時期については合意できず、「最も早期で都合の良い時期」の開催を目指すことになりました。3外相は、テロ対策や北朝鮮の核問題、防災対策などで協力を強化することも確認したということです。

【リーディング】
この「日中韓首脳会談が開催される」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると「力」のカードの正位置が出ました。

力
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、3名の方からご意見をいただきました。

S.Tさま:
キーパーソンは女性なのでしょうね。朴
槿恵大統領と考えるのが普通でしょうが、実はケネディ駐日米大使かもしれません。ライオンは獅子の国中国。米中の圧力があれば、日本も韓国も従うでしょう。

M.Iさま:
3か国が1つになるこで、今までにないパワーが発揮出来そうですね。それは、若い女性が、いとも簡単にライオンを手なずけている絵柄から読み取れます。また、蜂に気づいている様子からは、これまでにない解決策が見つかったり、強力な案が出て来ることになりそうですね。

H.Sさま:「3国が(他の力によって)口を開いた」というように見ました。若い女性が世の流れ(世界情勢)、蜂が様々な課題、獅子を日中韓の3カ国とみました。若い女性が蜂を見ていて、若い女性が獅子を蜂の方に視線を向けさせ、口を開いているようです。今後3カ国が世の流れにより様々な課題に対して口を開くことになるのかなと思います。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、自民、公明両党の連立による第3次安倍内閣が12月24日の夜、発足しました。安倍首相(自民党総裁)は、同日召集された特別国会の衆参両院本会議で第97代の首相に選出されたあと、組閣を行い、防衛相に中谷元・元防衛長官を起用し、他の閣僚17人を再任しました。安倍首相は、与党の衆院選圧勝を踏まえて、経済政策「アベノミクス」の推進を最優先に掲げるとともに、集団的自衛権の行使を限定容認する新たな安全保障法制の整備にも全力を挙げる方針だとういことです。

【リーディング】
この「第3次安倍内閣発足」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「戦車」のカードの逆位置が出ました。

5f2886946ff928ebe0a9258936ba5c21
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、4名の方からコメントをいただきました。みなさまのリーディングを下記にご紹介します。

S.Nさま:
選挙で圧勝したことで、「何でもできる」という幻想が生まれ、アベノミクスや安全保障法制の整備などのさまざまな積極策が裏目にでる危険性を感じます。

S.Tさま:
安倍政権の失速と経済、安全保障政策の停滞が同時進行しそうです。馬の尻をたたいてもなかなか前に進まないでしょう。力任せではない解決策が必要です。

K.Hさま:
自民、公明の2頭の馬に乗った安倍首相。馬は片方がウインクしても片方は知らぬふりをする。結束のないまま走る状態。政治家同士も、国同士も、「戦い」ばかりで、誰もどこにも勝者はいないようです。

H.Sさま:
このカードから、「ひっくりかえって空回り」と「勝者ではない」という言葉が浮かんできました。これから打ち出すであろう政策のビジョン(馬と男性の視線)と実態(馬の脚の向き)がバラバラになって、政権と政治、そして経済が「ひっくりかえる」感じです。安倍首相がやりたい「憲法改正」も、絶対的安定議席を自民が取れていないため、国会での部分改正から「国民投票」を行うとトーンダウンしていたので、国民の信任を得た「勝者の安倍政権」ではないのかなと思います。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、ノーベル賞の授賞式が12月10日に行われ、青色発光ダイオード(LED)を発明した赤崎勇(名古屋大学教授・85歳)、天野浩(名古屋大学教授・54歳)、中村修二(カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授・60歳)は、スウェーデン・ストックホルム市のコンサートホールで物理学賞を受賞したということです。

赤崎さんと天野さんは、多くの研究者が諦めていた窒化ガリウムの高品質結晶を作り、青色LEDの基礎技術を確立しました。中村さんは、結晶の製造法を独自に改良、青色LEDの量産化につなげました。赤、緑、青の光の三原色のLEDのうち、ひとつだけ欠けていた青色が実現したことで、白熱灯や蛍光灯に代わる次世代の明かりとして、エネルギー効率の高い白色LEDが普及した。選考委員は受賞式で、「青色LEDのおかげで、省エネと環境保全が実現した。アルフレッド・ノーベルは、人類のために最も貢献した人たちに物理学賞を与えるように遺書を残した。今年の物理学賞は、そのノーベルの遺志を十二分に満たしている」と3人の業績をたたえたということです。

【リーディング】
この「ノーベル賞授賞式」について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「節制」のカードの正位置が出ました。

3a8502a1c92656b65d5985e253979c32
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、5名の方からコメントをいただきました。

M.Iさま:
タロットカードの女性が着ている服が、青、赤、緑をメインとした色の服で、LEDの三原色の色となっています。そして、これが一つになった服を着ながら、目線が地球を眺めているように見えます。壺から出ている液体を新しい産物、白色LEDとして、地球上に流している姿に見えます。というところから、地球上で活かせるに新たな産物を送った天使として受賞されたように取れます。

S.Tさま
青色LEDは省エネを推進する素晴らしい発明だと思います。その一方で、過信し過ぎ、使い過ぎに気を付ける必要がありそうです。錬金術のように生まれた発明に対し、何かを戒めているようにも見えます。

S.Tさま
服や翼、水、地面など青が目立つカードですね。青色LEDを思わせる色合いだと思います。

A.Nさま
二つの壺に行きかう水から忍耐と集中力という対価が人類に救済をもたらしたように見えます。そして、省エネルギーという節制が完成しました。

H.Sさま
女神が中村教授で、2つの壺が赤崎、天野両教授だと思いました。赤崎、天野両教授の基礎技術を中村教授が、一滴漏らさず改良と研究を重ね、青色LEDが量産化出来るようになり世の中に羽ばたいていくことになる。そういった関係性を示しているのかなと思いました。青色LED=中村教授だと思っていたのですが、今回の受賞で赤崎・天野・中村3教授のどれかが欠けても現実化することはなかったと思います。

K.Hさま:
 「一滴も漏らさぬ集中力」で研究を続け、世界に、全人類を見る目の青色を創り出した。これにより新しい見え方、高次の現象が見えてくる時代に入ったと思います。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、安倍首相は21日、衆院解散に踏み切るということです。政府は解散後に臨時閣議を開き、「12月2日公示・14日投開票」の衆院選日程を決定します。2012年12月以来、2年ぶりの衆院選に向け、各党ともあわただしく政権公約(マニフェスト)」作りに取り組んでいるということですが、突然の解散に準備不足は否めないのではないかと想像しています。

【リーディング】
この「衆議院きょう解散」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「女教皇」のカードの逆位置が出ました。

d7a8e95f9eca22ca57bd21010cea36e3
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、5名の方からコメントをいただきました。みなさまのリーディングを下記にご紹介します。

K.Hさま:
教科書に見えます。そして、外を見ていない。教科書通りのマニフェスト作りをしようとして、国民の声、現状を見ていない。

H.Sさま:
政界ばかり直視して、外の世界(国民や世界情勢)を全くみていないし、見ようともしていない。マニフェストは作るけど、それに目を通して実行する気配もないようです。総選挙か終わり、どんな政権運営をするのか全く見えない感じがします。

M.Iさま:
私もリーディングさせていただきます。適切なな情報を取っていない。要は身勝手な案になりがち。孤立が強化されて、益々政界にまとまりがなくなっていく状況になりそうでうす。

A.Nさま:
私は軽率とみました。思慮が欲しいですね。シナリオに問題ありかな?と感じました。

S.Tさま:
天皇の解散詔書を読み上げる衆院議長に見えました。逆向きなので、天皇も議長も、周りの議員らも戸惑っているようです。新年に備える年末に、上を下への大騒ぎ。何かを浄化するための行為なのかもしれません。過去の解散映像を YouTube で見ていたら、議長が「解散する」と言った後で万歳しているものも結構ありました。本来、詔書はその後も続くのですが、議長は省略して読まずに退席してますし…。いずれにしても、なんらかの行き違いがあり、息があっていなかったのは確かなようです。伊吹衆院議長が解散詔書を読み上げる様子をテレビ中継を見ていたら、万歳のタイミングをフライングする議員がいてびっくり。その後、議長が苦言を呈していました。まさに、逆位置を象徴する珍事でした。天皇の国事行為なので万歳するようですが、なんか腑抜けな終わりかたでしたね。


みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

【今日のニュース】
今朝のニュースによると、日本政府は、10月1日の閣議で、消費税率を、2014年4月に、現行の5パーセントから8パーセントに予定通り引き上げる方針を決定したということです。

【リーディング】
この「消費税8パーセントに引き上げ」という記事について、マルセイユタロットを1枚引きしました。すると、「宙吊り」のカードの正位置が出ました。

宙吊りR
















このカードについて、「みなさまはどう解釈しますか?」と マルセイユタロットスクールのFacebookページ に投稿しましたところ、4名の方からコメントをいただきました。みなさまのリーディングを下記にご紹介します。

Y.Oさま:
カードではないですが、毎年一般会計40兆、特別会計170兆(!)計上されてます。特別会計を見直せば全ての問題は解決されるはず。特別会計の額も民主党時代にようやく公開されたものの、結局うやむや。ODAとか独立法人とか表向きいわれてますが、自民党時代から殆ど某国に流れる仕組みとか。

宙吊りは自由を奪われた様、逆さにして身ぐるみ剥がされる様にも感じました(@_@)

M.Nさま:
引き上げるでしょう。両サイドの木の枝にヤコブの梯子が掛かっていますから、8%〜10%へと引き上げるきっかけとなり一時的に多くの家庭や企業は非常に苦しくなりますが、木星記号が示すように未来の発展、向上、幸運、成功への階段なので寛容な心を持ち不動の心と知恵でことが大事です。また、この消費税増税に伴って悪徳?官僚議員を払うための何が衝撃なことが起こるでしょう。という感じでしょうか?

E.Aさま:
消費税8%になると家計にこれだけの打撃!とか、国民にこれだけの負担!とかネガティブなこと言われてると思うのですが、ポジティブな側面も出てくるよと示唆してるように感じました。逆さまの男性の表情から、消費税8%がすんなり受け入れられるのでは、とも読みました。

F.Aさま:
数字から8→10%に引き上げられるのも暗示してるように思えます。ボタンの数も10ですね。あと上の吊ってる棒みたいなものの色は人間の肌の色なので、腕と仮定すれば現総裁は辛うじて腕に支えられ、足と仮定すれば足を引っ張る形。髪の先が見えてない事からも現与党の先行きは不透明で消費税増税がかなり大きな鍵と言えるでしょう。

みなさま素晴らしいリーディングですね。ご投稿ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ